季語/藺植う(いうう)を使った俳句

「藺植う」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「藺植う」について

【表記】藺植う

【読み方】いうう

【ローマ字読み】iu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

藺植うを含む俳句例

五六人水明りして藺苗植う/高野素十

感覚を失ひし指藺を植うる/平谷破葉

昃りしとき藺植女の空仰ぐ/岡崎芋村

藺を植うる筑後国原日一つ/兒玉南草

藺田暗く植田明るし備前窯/殿村莵絲子

藺草植う空の深さに水張れり/玉城一香

藺草植う虫垂炎を散らし来て/攝津幸彦

水張つて藺植仕度か古墳みち/向野楠葉

風波の走りて藺苗植ゑにくゝ/住田満枝

火の国の山々遠く藺草植う/西山/昌子

藺を植ゑし指拭ひをり伯備線/酒井裕子

藺を植ゑて冬満月を水びたし/木村風師

藺植見る田植とさして異らず/高濱年尾

元日や吉備の国原藺を植うる/市川東子房

四五枚の町中の田も藺植ゑたる/松藤夏山

藺植して火の国原の暗らきかな/小西須麻

藺植女の芯より冷えし貌をあぐ/坂田苳子

藺を植うるみんな不機嫌さうな貌/林大馬

氷くだいて田舟動かす藺植かな/岩崎木哉

双の手にしんじつ青き藺を植うる/山口草堂

俳句例:21句目~

吉備の野に藺植泣かせの風が又/梅谷かつゑ

天恵の日和よろこぶ藺を植うる/目野六丘子

藺を植うる足に氷を裂きながら/葛岡伊佐緒

茶碗酒妻も飲み干し藺を植うる/槙野幽泉子

藺の神の苑より藺草植ゑはじむ/赤尾冨美子

藺を植うる水音のみの夕べかな/加藤しげる

水鏡見るがごとくに藺を植うる/吉富平太翁

ひしひしと霜の田ふかし藺を植うる/山口草堂

もろの手にしんじつ青き藺を植うる/山口草堂

凍る寂けさ緑すつすと藺を植ゑる/加藤知世子

植ゑし藺の緑のうねり海明けくる/加藤知世子

植ゑし藺を梳き来る波や向ひ植う/三浦十八公

藺を植ゑしばかりのみどり見渡され/高浜年尾

焚火ぐせつきて藺植のはかどらず/岩森富美子

かじかめる手のいつしんに藺を植うる/山口草堂

すぐに燃えつきる藁火や藺を植うる/上田土筆坊

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ