季語/寒念仏(かんねぶつ)を使った俳句

「寒念仏」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒念仏」について

【表記】寒念仏

【読み方】かんねぶつ

【ローマ字読み】kannebutsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒念仏を含む俳句例

白装束霜に声あり寒念仏/露章

極楽のちか道いくつ寒念仏/蕪村

京二条寒念仏はこの小路/及川貞

傾城もいとどねられね寒念仏/奚

門々の寒念仏の灯かな/小川章子

雪国の夕餉は早し寒念仏/小島健

南座の櫓仰がず寒念仏/山田桂梧

月夜とて女のこゑの寒念仏/蝶夢

弥勒より寒念仏の膝正し/永井一朗

寒念佛材木置場から出発/藤田湘子

ポン~と瓢の音や寒念仏/河野静雲

貪らぬ聖は過ぎて寒念仏/河野静雲

越前の闇の底より寒念仏/鈴木鷹夫

豆腐挽き寐ざめの友や寒念仏/有種

隣より一人加はり寒念仏/渡辺満峰

寒念仏疾風の如く雑木道/水野晴美

診察の窓下行けり寒念仏/坂井兵吉

細道になり行声や寒念仏/與謝蕪村

厳しさを自ら求め寒念仏/西沢信生

又一人走り加はる寒念仏/高浜虚子

俳句例:21句目~

喜捨人も寒念仏も合掌す/田中王城

寒念仏夜毎隣の報謝かな/高桑化羊

寒念仏廓へかゝる橋二つ/石橋秀野

畜生に備ふる棒や寒念仏/西村雪人

物買へる我の後に寒念仏/星野立子

家にゐて星夜思はる寒念仏/森澄雄

あたたかし寒念仏の鯉の髯/角川春樹

寒念仏黒谷を出て帰りけり/赤木格堂

寒念仏雪のしまけば声高く/川戸孤舟

寒念仏聞えくる夜や柱割れ/土岐包泉

しんしんと黒きを見れば寒念仏/鳥酔

ときならず防衛庁に寒念仏/古舘曹人

立去りし跫音なくて寒念仏/後藤夜半

さしかかる文部省前寒念仏/後藤眞吉

咲ている梅にもあふや寒念仏/炭太祇

寒念仏妻恋唄に似たるかな/高橋柿花

法楽の白さ尽して寒念仏/加倉井秋を

寒念仏湖周一里と少しにて/茨木和生

京泊り二夜とも聞く寒念仏/中川四明

女ばかりの寒念仏通りけり/大熊一枝

俳句例:41句目~

地の底に響きて淋し寒念佛/大谷句佛

月西へ寒念仏の声遠くなり/石井露月

泊り船より一報謝寒念仏/大橋櫻坡子

御僧みな弁慶かむり寒念仏/北山星峰

寒念仏さては貴殿でありしよな/一茶

待合はす楽しさもあり寒念仏/岡本眸

寒念仏に今薔薇色の鶴見川/安永千鶴

人住まぬ門並びけり寒念仏/高浜虚子

川筋や千鳥にかする寒念仏/松岡青蘿

寒念仏一礼深くして去りぬ/森田桃村

寒念仏一鼓一鼓に遠ざかる/中島松濤

尼の身の草鞋の踵寒念仏/百合山羽公

寒念仏京は嵐の夜なりけり/正岡子規

寒念佛川は亀裂を生み続け/佐藤鬼房

東来ていづれ西する寒念仏/玉越琅々

信心の幼なを連れし寒念仏/福田蓼汀

路地多き三国の町や寒念仏/清准一郎

近づけば月さす顔や寒念仏/萩原麦草

人の母の三人よりて寒念仏/松瀬青々

女から声透けてゆく寒念仏/五島エミ

俳句例:61句目~

雪の間はまぎれ歩行や寒念仏/成/美

寒念仏朗々として遠きより/吉岡秋青

不揃ひの太鼓が揃ふ寒念仏/安田汀四郎

夜更くるや叩かで戻る寒念佛/会津八一

寒念仏唱へあはして高調子/宮部寸七翁

寒念仏山坂越えてひとつ家に/福田蓼汀

寒念仏急がねば雪降り来るよ/大越千代

寒念仏旅館の三和土水に濡れ/杉木幽烏

寒念仏時折鳴らし歩くなり/新郷登志子

寒念仏月の古町ひとすぢに/水原秋桜子

寒念仏先うながして動きけり/永方裕子

寒念仏猫の相づち大きかり/吉野志保子

寒念仏眠りし山にこだませる/小野/淑

寒念仏移民を送る人の中に/五十嵐播水

寒念仏聞きわけてまた波の音/斉藤夏風

寒念仏足より見えて現はるる/山内四郎

寒念仏運河の橋を渡りけり/成田智世子

寒念仏駅の明るき灯をあびぬ/塚原麦生

寒念佛声を大きくしてゆけり/関戸靖子

寒念佛移民を送る人の中に/五十嵐播水

俳句例:81句目~

寒念佛聞きわけてまた波の音/斎藤夏風

帰りきて冷茶飲みけり寒念佛/内田百間

替履のうしろさびしや寒念仏/加舎白雄

校正帰りは寒念仏ぞ橋渡り/殿村菟絲子

沖に置くいくさの船や寒念佛/吉田汀史

湖にうつる一聯の灯は寒念仏/福田蓼汀

濡れ色の紅唇ちらと寒念仏/田中みどり

茶を申すをうなの声や寒念仏/黒柳召波

衢に出て提灯くらし寒念仏/五十嵐播水

あの中に鬼やまじらん寒念仏/正岡子規

いつも去る姿にありて寒念仏/嶋田一歩

おうおうと樹氷も並び寒念仏/小島洪資

しんがりのまだ紅顔や寒念仏/加藤弥子

闇の戸にむかへ見送り寒念仏/井沢正江

にぎやかに提灯つらね寒念仏/河野静雲

はさまりて寒念仏の子供かな/石橋令邑

まよひ子を呼声たえて寒念仏/松岡青蘿

昼となく夜となく立ちて寒念仏/下村槐太

街角の灯のまばゆけれ寒念仏/加藤三七子

寒念仏この世の闇に尼ふたり/百合山羽公

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ