季語/碧梧桐忌(へきごとうき)を使った俳句

「碧梧桐忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「碧梧桐忌」について

【表記】碧梧桐忌

【読み方】へきごとうき

【ローマ字読み】hekigotoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒明忌(かんあけき:kanakeki)

季節による分類

・「へ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

碧梧桐忌を含む俳句例

二月先づ碧梧桐忌や畑平ら/泉天郎

白鳥の吃水ふかき寒明忌/鈴木裕之

清秉五碧梧桐忌はまだ寒中/川崎展宏

碧梧桐忌や墓碑銘も碧流に/吉村ひさ志

今昔をけふも読み居り寒明忌/瀧井孝作

たそがれて碧梧桐忌の済みにけり/妹尾健

碧梧桐の忌なり墨汁飛び散つて/内田美紗

碧梧桐忌法外な寒ンもたらせり/高澤良一

碧梧桐忌碾臼うつす黒御影石/砂井斗志男

虚子あれば碧梧桐あり忌を修す/河野美奇

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ