季語/日脚伸ぶ(ひあしのぶ)を使った俳句

「日脚伸ぶ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日脚伸ぶ」について

【表記】日脚伸ぶ

【読み方】ひあしのぶ

【ローマ字読み】hiashinobu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

日脚伸ぶを含む俳句例

日脚伸ぶ机の下に波の音/今井聖

大股に電話が歩き日脚伸ぶ/有田文

日脚伸ぶ電車の中を人歩き/神蔵器

筆立の筆の長短日脚伸ぶ/丸山比呂

幹高き欅や日脚伸びにけり/森澄雄

筆耕の机の塵や日脚伸ぶ/野崎方道

松林切株ふえて日脚伸ぶ/大島民郎

日脚伸ぶ画廊は銀座七丁目/坂井建

燈台の影の一本日脚伸ぶ/白井爽風

雪の涯風の涯の日脚伸ぶ/深谷雄大

影いつも己の中に日脚伸ぶ/牧石剛明

獄中の畳に日脚伸びにけり/角川春樹

日脚伸ぶ雪ある山になき山に/上村占

日脚伸ぶ卓に就職情報誌/山本ふく子

犬も加へ一家息災日脚伸ぶ/新田郊春

日脚伸ぶ懐手して山を見る/田中冬二

爪立ちて吊す鳥籠日脚伸ぶ/小林栄子

放課後の喧嘩は箒日脚伸ぶ/三嶋隆英

日脚伸ぶ綱掛け神事覚え書/山本洋子

水槽に動く砂粒日脚伸ぶ/ふけとしこ

俳句例:21句目~

日脚伸ぶ母躓かせぬやうに/廣瀬直人

枝移る禽の賑はひ日脚伸ぶ/沖山政子

城門の閉りし六時日脚伸ぶ/田中延幸

朝市はいつも完売日脚伸ぶ/皿井節子

昼灯す苺ハウスに日脚伸ぶ/百井芳枝

日脚伸ぶ刺繍枠提げ陸橋に/宮武寒々

酒蔵に醪つぶやき日脚伸ぶ/吉澤卯一

日脚伸ぶわが影も伸ぶ海へ坂/杉本寛

勾玉は誕生の形日脚伸ぶ/川崎ふゆき

老僧は話好きなり日脚伸ぶ/水原春郎

山国の大橋日脚伸びにけり/中島克巳

帰りには膨らむ鞄日脚伸ぶ/岡田耕治

頬挟む手ぐせも日脚伸びにけり/林翔

本箱の裏の豆まで日脚伸ぶ/和田幸司

日脚伸ぶ年金少し上りけり/北見さとる

日脚伸ぶ母をいたはる仮住い/中村汀女

日脚伸ぶ母を躓かせぬやうに/廣瀬直人

日脚伸ぶ爬虫に脱皮ありしこと/実籾繁

日脚伸ぶ玩具どれもが疵もてり/大輪昌

日脚伸ぶ病人の手のうで時計/橋本鶏二

俳句例:41句目~

日脚伸ぶ雪の色かな遥か来ぬ/高木晴子

時計見に店を覗く子日脚伸ぶ/毛塚静枝

ほこり払ふ航海日誌日脚伸ぶ/小池文子

杖つけば杖の先より日脚伸ぶ/貝森ひで

母に山河妻に山河や日脚伸ぶ/小林康治

筑波より庭石売りや日脚伸ぶ/石川文子

舞ひ戻る紙の飛行機日脚伸ぶ/岡本一代

食ひ足りし大鶏の鬨日脚伸ぶ/堀口星眠

二階から三方見えて日脚伸ぶ/皆川白陀

入院の日を重ねつゝ日脚伸ぶ/高浜年尾

廿日鼠巴里の市場に日脚伸ぶ/小池文子

駅前に自転車あふれ日脚伸ぶ/大町莞子

勝牛のひと声島の日脚伸ぶ/長谷川閑乙

大風の茶畠日脚伸びてをり/大峯あきら

妃殿下のお言伝てあり日脚伸ぶ/星野椿

定年を真近に日脚伸びにけり/鈴木昭次

屑払ふにもかけひきや日脚伸ぶ/安住敦

思ひたつ日帰り旅や日脚伸ぶ/中山良章

恢復の入り口に来て日脚伸ぶ/山内山彦

手枕や日脚伸びたる越のくに/角川照子

俳句例:61句目~

新しき絵馬重なりて日脚伸ぶ/生田経子

日脚伸びつゝ酷寒の大地あり/高木晴子

日脚伸び夜のゆとりを失ひし/山本紅園

日脚伸ぶや目鼻のほしき鬘台/野村喜舟

日脚伸ぶ二日つゞきの佛の日/笹原耕春

日脚伸ぶ亡夫の椅子に甥が居て/岡本眸

日脚伸ぶ埃払ひしオルゴール/小林綾子

日脚伸ぶ夕空紺をとりもどし/皆吉爽雨

日脚伸ぶ安乗文楽かぶりつき/山本洋子

いつ灯りゐしとも知らず日脚伸ぶ/森田峠

かくれんぼ隠れ上手に日脚伸ぶ/丸野紀子

日脚伸び伸びて雛の日に至る/波多野爽波

日脚伸ぶ彼女の髪は長くなり/稲畑廣太郎

日脚伸ぶ牛飼いの目は牛に似て/三須民恵

たまさかの妻の盛装日脚伸ぶ/八幡丈太郎

父空を見上げたまんま日脚伸ぶ/如月真菜

濡木山ひかりの沁みて日脚伸ぶ/松村蒼石

日脚伸ぶ吾が家に重きビルの影/小塚勇太

猿飛んで樹々をゆきかう日脚伸ぶ/大野茂

めがねされて更に温容日脚伸ぶ/荒井正隆

俳句例:81句目~

忘れ得ぬ事となりつゝ日脚伸ぶ/星野立子

石仏に石を背負わせ日脚伸ぶ/畑中とほる

全身を食い尽くすまで日脚伸ぶ/有馬英子

日脚伸ぶ母亡き部屋も一目づつ/渡辺恭子

紅殻塀つらね「一力」日脚伸ぶ/田中英子

山へ帰る人に鴉に日脚伸ぶ/阿部みどり女

日脚伸ぶ硝子が割れて少年消え/藤岡筑邨

胸にさす鉛筆日脚伸びにけり/斎藤優二郎

日脚伸ぶ足袋干してある竿の先/高濱年尾

日脚伸ぶ隅田が海となるあたり/尾村馬人

日脚伸ぶ三寸人参矮鶏のこゑ/百合山羽公

日脚伸ぶ今年為すこと多きかな/高浜虚子

日脚伸ぶわたしが折れて仲直り/山田弘子

日脚伸ぶどこかゆるみし心あり/稲畑汀子

日脚伸ぶ勤得し子の服選れば/塩谷はつ枝

菜箸の糸切れてゐたり日脚伸ぶ/大熊一枝

隠し湯に郵便車来て日脚伸ぶ/相河美智子

日脚伸ぶ夫婦別なることをして/高木晴子

卯の花を煎る大鍋や日脚伸ぶ/鈴木真砂女

日脚伸ぶ影をつぶさに薔薇の棘/馬場移公子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ