季語/邯鄲(かんたん)を使った俳句

「邯鄲」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「邯鄲」について

【表記】邯鄲

【読み方】かんたん

【ローマ字読み】kantan

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

邯鄲を含む俳句例

粟炊いて邯鄲謡ふ男哉/寺田寅彦

邯鄲の声に佇む熔岩の径/内山茂

鈴虫は雨邯鄲は雫打つ/松山足羽

邯鄲の市栄えをり夕葎/堀口星眠

邯鄲や滋養の酒を舌の先/村越化石

邯鄲や精霊来る径つづり/羽部洞然

邯鄲の草より淡く草に棲む/脇祥一

一見もなく邯鄲を百聞す/白岩三郎

邯鄲や星の滴に草は濡れ/竹内留村

邯鄲の宿のそば殻枕かな/荒井正隆

邯鄲や叢中泉あるごとし/羽部洞然

邯鄲の市に鰒見る雪の朝/蕪村遺稿

夕霧に邯鄲のやむ山の草/飯田蛇笏

邯鄲の枕かゝへて二日灸/松瀬青々

邯鄲や地上三尺まで暗し/和田悟朗

邯鄲の歌三昧や影見えて/堀口星眠

邯鄲や隣る一つも月の山/村越化石

邯鄲を覗き込みては胸薄し/岸田稚

邯鄲や胎蔵の空はるかにも/大西淳二

邯鄲の声の満ち干の月の谷/野沢節子

俳句例:21句目~

傷ひとつなき邯鄲の骸かな/岸本尚毅

邯鄲の声まろび来て光琳画/河野南畦

邯鄲の穂芒遠はけぶるなり/山口草堂

邯鄲や箸を逃るる笹豆腐/藤原たかを

宿題の子に邯鄲の遠音澄む/西村和子

待つほどに月の邯鄲沼堤/石井とし夫

後手をついて邯鄲聴いてをり/石嶌岳

邯鄲の声明六つの鐘のあと/西村公鳳

邯鄲や移す歩に影したがひて/及川貞

邯鄲の闇茫々と風が過ぎ/永作美千穂

邯鄲の辺や生えそめし昼の髯/岸田稚

邯鄲や白樺ばやし晝ねむり/相馬遷子

邯鄲や生涯といふ涯にゐて/木内怜子

邯鄲に美しき客あれば足る/京極杞陽

邯鄲の絶えし夜より山の音/澤田緑生

瞑りて邯鄲の闇近づけぬ/永峰久比古

邯鄲の夢はじまりし水中花/橋田憲明

籠枕して邯鄲の夢もなし/後藤比奈夫

邯鄲の葉裏にほそき月の声/巌谷小波

邯鄲や昼の霧ゆく千草原/鷲谷七菜子

俳句例:41句目~

邯鄲や掘られて甑けむり色/宮坂静生

邯鄲や戦遠のきつつ近く/小檜山繁子

邯鄲や樅のほつ枝に星一つ/相馬遷子

邯鄲やみづいろの山くろき川/中拓夫

邯鄲や山家は昼の星見えて/内山亜川

美しき死を邯鄲に教へらる/富安風生

虫籠の邯鄲淡し月させば/水原秋櫻子

邯鄲とききしが山雨俄なり/甲賀山村

邯鄲の冷たき脚を思ふべし/長谷川櫂

邯鄲と人いふに耳さびしかり/岸田稚

邯鄲の声たゞしさよ風の中/相馬遷子

邯鄲や一燈くらき山の駅/奈良千代子

邯鄲や月齢育ちつゝありし/岩原玖々

邯鄲やからまつ林遠く置き/館岡沙緻

邯鄲や酒断ちて知る夜の襞/正木浩一

邯鄲や日のかたぶきに山颪/飯田蛇笏

邯鄲や露ふる音の草にあり/竹内留村

邯鄲や風鎮まれば草に鳴く/菅原文子

裾野包み邯鄲包み霧月夜/町田しげき

邯鄲や呼名もたざる牧の犬/堀口星眠

俳句例:61句目~

湧きつぎて邯鄲のこゑ今ありぬ/岸田稚

目つむりて邯鄲の聲引きよせし/上村占

秋暑く手首尾狂ひし邯鄲師/文挟夫佐恵

缺席の返事邯鄲を聞く会へ/田川飛旅子

邯鄲に地の刻移る月あかり/豊長みのる

邯鄲に歩けば見えてくる夜道/辻井ト童

玲瓏として邯鄲のむくろかな/富安風生

邯鄲のこゑの中なり夜坐の僧/藤原如水

邯鄲のこゑ月光をのぼるなり/三嶋隆英

邯鄲のなか~啼かぬ豪奢かな/中島月笠

邯鄲のほの~啼いて虫屋かな/中島月笠

邯鄲の声すぐそこに闇深し/下田閑声子

邯鄲の声のゆくへのせせらげる/原柯城

邯鄲の声沁むばかり月の熔岩/小林碧郎

邯鄲の声触れてくる夜の素顔/野澤節子

邯鄲の夜は人かげもまた淡し/土方秋湖

邯鄲の夢とも空をゆく火とも/石原八束

邯鄲の屏風のかげに飼はれをり/辻桃子

邯鄲の文体凛とまた縷々と/田川飛旅子

邯鄲の縷々と翳抱く萱ばかり/山口草堂

俳句例:81句目~

邯鄲の薄羽かなしく捕へらる/新井英子

邯鄲の遠きは風に消えにけり/井上波二

邯鄲の闇をへだてて外湯の灯/井沢正江

邯鄲の音色を通り過ぎてをり/稲畑汀子

邯鄲の骸透くまで鳴きとほす/山口草堂

邯鄲の鳴くほか能のなき顔ぞ/堀口星眠

邯鄲の鳴ける遠音に風の出て/行方克巳

邯鄲やあまたの虫の声の中/黒坂紫陽子

邯鄲やうつりすまひし家の垣/木津柳芽

邯鄲やこよひの宿は御師の家/沢木欣一

邯鄲やみちのおくなる一挽歌/加藤楸邨

邯鄲や並べて寝座は正しうす/清水基吉

邯鄲や夜の山寺のどこにでも/山口笙堂

邯鄲や子供の頃のまくらがり/清水基吉

邯鄲や山みづの曳く夕あかり/荒井正隆

邯鄲や月待ちて立つ奥の院/水原秋桜子

邯鄲や湖囲む灯のまたたかず/松田多朗

邯鄲や町の灯に載る雲一朶/伊藤いと子

邯鄲や神に近づく道けはし/加藤知世子

邯鄲や翳さしやすき草の山/鷲谷七菜子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ