季語/桔梗(ききょう)を使った俳句

「桔梗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桔梗」について

【表記】桔梗

【読み方】ききょう

【ローマ字読み】kikyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・きちこう(きちこう:kichiko)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

桔梗を含む俳句例

桔梗や一群過ぎし手長蝦/普羅

桔梗や秋の鴬籠にゐる/龍岡晋

光秀を祀る社の白桔梗/奥村皐月

桔梗や男もすなり首かざり/澄雄

桔梗も馬の尻毛も靡く野ぞ/展宏

桔梗の丈に風吹く山の昼/桂信子

八十蔭の大和の月や花桔梗/林桂

桔梗や又雨かへす峠口/飯田蛇笏

花の香や桔梗に映る人通り/闌更

燈籠の藍は桔梗紅は萩/下村梅子

熱下りて桔梗まこと鮮しき/草城

桔梗と分別したる芽生かな/辰生

桔梗の庭に浅間の近さかな/上村占

桔梗やまた雨かへす峠口/飯田蛇笏

馬に敷く褥草にも萩桔梗/富安風生

桔梗の影が小さく膝の上/岸本尚毅

桔梗や遊女の果の尼容チ/野村喜舟

桔梗やきりりと辛き飛騨の酒/時彦

草桔梗咲くや昔の院の芝/後藤夜半

一弁に紫を刷け白桔梗/大橋つる子

俳句例:21句目~

桔梗や白紫のほかは無く/尾崎迷堂

一痕の泪桔梗の花の中/金箱戈止夫

一輪の桔梗とおく教案簿/木村蕪城

莟より花の桔梗はさびしけれ/鷹女

前生の桔梗の朝に立ち昏らむ/苑子

花桶に頭そろへて桔梗哉/松瀬青々

退院の姉に二度咲く白桔梗/林民子

桔梗や水のごとくに雲流れ/風三楼

桔梗や水を打つたる能稽古/森澄雄

草深く草の風立ち山桔梗/岩部和子

光秀の社も城も桔梗咲く/西田円史

和紙の里桔梗丈をくらべをり/照子

桔梗は法器の一つ安居寺/高澤良一

紫に裏表ある桔梗かな/島田左久夫

桔梗の紫さめし思ひかな/高浜虚子

夕風の萩や桔梗や心細ソ/草間時彦

桔梗やさわやさわやと草の雨/青邨

白桔梗窯の顱頂は火を裹む/竹中宏

白桔梗百日経を写しては/寺井谷子

姨捨の畦の一本桔梗かな/西本一都

俳句例:41句目~

白桔梗一蝶誘ふ水車音/河野多希女

山中に一夜の宿り白桔梗/野澤節子

南無薬師薬の事もきく桔梗/炭太祇

桔梗には由緒正しき横座り/仁平勝

憂ひなし桔梗の空に銀氷河/有働亨

桔梗やむかし碪の僧が妻/岡井省二

濱寺に一本咲ける桔梗かな/泉鏡花

故郷は高齢世帯桔梗咲く/後藤澄子

新盆の桔梗色を尽しけり/館岡沙緻

母の裾桔梗こぼす露明し/小林康治

昔麻布大山道の桔梗かな/野村喜舟

曝涼の寺苑の桔梗稜正し/大橋敦子

桔梗やはじめ木刀振れる音/中田剛

朝粥や桔梗ひたせる山の水/桂信子

極北の天日ねむる桔梗かな/有働亨

桔梗を焚きけぶらしぬ九谷窯/楸邨

桔梗咲て何れも花のいそぎ哉/暁台

辰雄偲ぶ何に彼にすべて白桔梗/林翔

起きよ今朝桔梗の雫ふりかけん/青峨

人形の肩よく泣けり白桔梗/斎藤梅子

俳句例:61句目~

可も不可もなき白桔梗青桔梗/斎藤玄

花桔梗名のみの色を咲きにけり/樗良

桔梗一輪馬の匂ひの風動く/飯田龍太

桔梗一輪死なばゆく手の道通る/龍太

置露のこぼれてひらく桔梗かな/有橘

結界や梅雨の桔梗と一灯蛾/石塚友二

紫の少しほぐれし桔梗の芽/梧桐青吾

桔梗は生者の好み盆切籠/文挟夫佐恵

桔梗や高嶺へ戻る夜明雲/望月たかし

桔梗の花の中よりくもの絲/高野素十

かき氷食ひ桔梗の花を見る/田中裕明

研屋来て庖丁研ぎぬ花桔梗/田中冬二

桔梗や雨飛び散つて石の上/岸本尚毅

桔梗や褥干すまの日南ぼこ/芝不器男

桔梗の花終るとき色うすし/中井文子

桔梗のあはれを知んぬ憐れかな/達治

桔梗や信こそ人の絆なれ/野見山朱鳥

白桔梗校歌貞女に徹せよと/野上寛子

家の集に妻が桔梗の一句哉/石井露月

白桔梗晩涼に人うごき居り/岡本松浜

俳句例:81句目~

さやけさの雨後桔梗の形あり/中田剛

寺静かに足元にあり桔梗苗/細見綾子

桔梗や男も汚れてはならず/石田波郷

山寺に書院を覗く桔梗かな/尾崎迷堂

桔梗のつまめば凹む蕾かな/岩田由美

峯々に桔梗高きもののうち/古舘曹人

庭桔梗剪つてくれたる志/大橋櫻坡子

桔梗の七宝の露欠けにけり/川端茅舎

桔梗の倒れ伏したる背丈かな/日原傳

桔梗や男に下野の処世あり/大石悦子

手拭に桔梗をしほれ水の色/大高源五

手触れなば裂けむ桔梗の蕾かな/青畝

火の山の霧に噎びて岩桔梗/伊東宏晃

桔梗やさわや~と草の雨/楠目橙黄子

桔梗や湖上に雨は降りいでぬ/及川貞

湯の山や時なし酒の萩桔梗/石川桂郎

桔梗の莟の爆破遂げてをり/高澤良一

きちかうや眼汝がために青し/森鴎外

断念の力つくして桔梗枯る/平井照敏

桔梗や日雇の夢うたがはず/岩田昌寿

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ