季語/渡り鳥(わたりどり)を使った俳句

「渡り鳥」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「渡り鳥」について

【表記】渡り鳥

【読み方】わたりどり

【ローマ字読み】wataridori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・候鳥(こうちょう:koucho)

・漂鳥(ひょうちょう:hyocho)

・旅鳥(りょちょう:ryocho)

・迷鳥(めいちょう:meicho)

・鳥渡る(とりわたる:toriwataru)

・朝鳥渡る(あさどりわたる:asadoriwataru)

・鳥の渡り(とりのわたり:torinowatari)

季節による分類

・「わ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

渡り鳥を含む俳句例

真白に又真黒に渡り鳥/梅室

大袋負ひたる民に鳥渡る/楸邨

雲と水よき栖なれ渡り鳥/諸九

乗込口幟紅白鳥渡る/毛塚静枝

鳥渡る空の次第を克明に/年尾

廃校に集ふ同窓鳥渡る/杉本寛

鳥渡る風音のして妻匂ふ/原裕

鳥渡る空傾けて棒倒し/高澤良一

彫像は鉄鍛つ男鳥渡る/三苫知夫

菅笠の羽根も休めず渡り鳥/乙由

鳥渡る波際粗き砂の面/毛塚静枝

京近き山にかゝるや渡り鳥/暁台

大空の動く一劃渡り鳥/稲畑汀子

渡り鳥空の深くに向き変ふる/徹

大雁塔鳥渡る道あきらかに/林火

葬列や数人仰ぐ渡り鳥/高柳重信

鳥渡る柱鏡を曇らせて/柿本多映

渡り鳥なりしと思う水枕/橋間石

断崖の隠れ湊に鳥渡る/関森勝夫

灯台の初点の日付渡り鳥/大串章

俳句例:21句目~

高臺の裏を表に鳥渡る/古舘曹人

燈台の初点の日付渡り鳥/大串章

鳥渡る山より山へ古代窯/所山花

小鳥来る音うれしさよ板庇/蕪村

千年の塔の風鐸小鳥来る/石嶌岳

鳥渡る終生ひとにつかはれむ/敦

鳥渡る角力巡業待つ浦を/杉本寛

水晶の一面光り渡り鳥/小川軽舟

渡り鳥棚田一枚づつ暮れる/春樹

暁の燈台消えて渡り鳥/藤野古白

鳥渡る腕のつけねの太欅/渋谷道

百姓の片目泪や渡り鳥/杉山岳陽

一峡を以て国境鳥渡る/倉田紘文

波荒き襟裳岬や鳥渡る/中川水歩

鳥渡る夜空の音を肴とす/飴山實

渡り鳥伸び縮まりつ中空に/鬼骨

柴売につれてや市の渡り鳥/支考

渡り鳥殉教の島綴りゆく/水原春郎

立山の雪刷く朝や渡り鳥/小坂灯村

渡り鳥消えて欅の空残す/石塚友二

俳句例:41句目~

鳥渡る聲の夕空身に近き/内藤吐天

おん像遥かの雲に鳥渡る/中川宋淵

鳥渡る運動会の海苔巻手に/杉本寛

鳥渡る雲の笹べり金色に/杉田久女

渡り鳥田面賑はし下りにけり/篠原

一葉の卒業証書小鳥来る/中山芳文

學帽の金の幼なさ鳥渡る/斉藤夏風

千磴に千磴の空小鳥来る/青木重行

小鳥来て縄閂の緩むかな/山崎和枝

屋上に交換手あり鳥渡る/岸風三楼

海光をもて送るべし鳥渡る/佐藤艸

小鳥来るSLホテル窓開き/神蔵器

小鳥来る沖の一線ゆらぎそめ/原裕

涙拭き面を上げよ鳥渡る/下村梅子

小鳥来る驚くほどの青空を/中田剛

山高く水低く在り渡り鳥/三橋敏雄

航路の一すぢ白し鳥渡る/大橋敦子

航送の聖火従ふ渡り鳥/下村ひろし

わが息のわが身に通ひ渡り鳥/龍太

川原の砂ほこり色鳥渡る/内田百間

俳句例:61句目~

わたり鳥雲の機手のにしき哉/蕪村

工夫等に休憩の刻鳥渡る/寺岡捷子

市中に鳥屋が森や渡り鳥/会津八一

渡り鳥見えずなりたる空の色/立子

小鳥来る黄河長江渡りては/辻桃子

木洞の水新しく小鳥来し/内藤吐天

梢々を揺籃にして小鳥くる/下田稔

渡り鳥訥々とうた継ぐもよし/原裕

灯台は岬のしるし小鳥来る/原汀歩

純白の点訳楽譜小鳥来る/丹羽啓子

屋に青物売つて小鳥来る/石川桂郎

退会に捺す一印影鳥渡る/橋本榮治

故郷も今はかり寝や渡り鳥/去来/

鐘楼の四足の傾斜鳥渡る/高井北杜

雀らも真似して飛ぶや渡り鳥/一茶

湖もこの辺にして鳥渡る/高浜虚子

乗鞍の鞍が見えるぞ渡り鳥/原田喬

星近く寝て鳥渡る夢の中/宮原双馨

青銅の鳥の彼方に鳥渡る/対馬康子

二輪車のハンドル低し渡り鳥/原裕

俳句例:81句目~

面寂びて湖国の仏鳥渡る/朝広純子

人はみな旅せむ心鳥渡る/石田波郷

人生に四季は過客や渡り鳥/滝青佳

仏にも後の正面鳥渡る/ふけとしこ

仰ぎ見る丘の聖堂鳥渡る/古藤春世

音のなき一空間や渡り鳥/加藤楸邨

俳諧の飛耳張目や鳥渡る/尾崎迷堂

入院の四角な窓を鳥渡る/高浜年尾

再びの単身赴任鳥渡る/加賀さとし

鳥渡り渡りて太る榎かな/山本洋子

火を創るにも歳月や鳥渡る/大串章

灸から命のけむり鳥渡る/天川晨索

鳥渡り裾野相会ふ火山群/福田蓼汀

只一人だまりこくつて渡り鳥/一茶

鳥渡るや三昧原を賑かに/尾崎迷堂

朝あらしあたまの上を渡り鳥/去来

鳥渡る博物館の林かな/河東碧梧桐

鳥渡る天文台の円き屋根/升田義次

渡り鳥夕日に翳をわきばさみ/誓子

鳥渡る宝永火口翳ふかめ/岡田貞峰

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ