季語/寒椿(かんつばき)を使った俳句

「寒椿」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒椿」について

【表記】寒椿

【読み方】かんつばき

【ローマ字読み】kantsubaki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬椿(ふゆつばき:fuyutsubaki)

・早咲の椿(はやざきのつばき:hayazakinotsubaki)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒椿を含む俳句例

石壇や一汗かきて冬椿/露川

大竹に絡まり咲くや冬椿/元

寒椿月の照る夜は葉に隠る/貞

寒椿深く眠れば熱は去る/雅人

屏こぼつ跡の寒さや冬椿/游刀

つくばひの少き水や寒椿/王城

うつくしく交る中や冬椿/鬼貫

寒椿竹の枝打つ音すなり/龍太

水瓶や場かたまらぬ冬椿/酒堂

寒椿畳の艶の深まりし/山崎篤

天険に一輪赤き寒椿/吉澤卯一

寒椿遠村遠望確かむる/草田男

寒椿見え隠れする特捜部/汎馨子

裾捌軽き歩みや冬椿/御林めぐみ

藪鼻の風の光刃寒椿/百合山羽公

物乞の手触れてゆきし寒椿/一雄

落かゝる日脚ももろし冬椿/五柳

冬椿一輪にして機嫌よく/斎藤玄

竹藪に散りて仕舞ひぬ冬椿/普羅

海近き道の起伏や寒椿/佐藤春夫

俳句例:21句目~

白と云ふ艶なる色や寒椿/浩山人

齢にも艶といふもの寒椿/比奈夫

一つ咲き妻恋花か寒椿/阿部慧月

冬椿竹叢着負ふ水の上/石塚友二

九億九光年を経し寒椿/斎藤愼爾

杉谷に紅ィゆゑや冬椿/尾崎迷堂

朝の空気静かに流れ寒椿/桂信子

昭和余年平成後年寒椿/大井恒行

寒椿蕾は色を握りしめ/川島雨龍

墓石に煙草一本の白寒椿/中拓夫

墨染を着て眼前の寒椿/村上賢一

夕月やひそかに咲ける寒椿/草城

冬つばき難波の梅の時分哉/召波

寒椿女弟子来る夕かな/福田清人

蹲に落ちて紅張る寒椿/影島智子

頑の一重清しき寒椿/徳田千鶴子

今は寄る船なき浦の冬椿/福田蓼汀

今生の色いつはらず寒椿/飯田龍太

何といふ赤さ小ささ寒椿/星野立子

病む妻に花落すなよ寒椿/今泉貞鳳

俳句例:41句目~

畑にも雑干場にも冬椿/深見けん二

火はわが胸中にあり寒椿/角川春樹

火のけなき家つんとして冬椿/一茶

冬椿乏しき花を落しけり/日野草城

火とぼして幾日になりぬ冬椿/一笑

寒椿落ちて崖うつ怒濤音/河本好恵

雪女郎に恋はありけり寒椿/中勘助

海に降る砂思うべし寒椿/永末恵子

寒椿外交官の手から手へ/攝津幸彦

雪の辺に白惜しまずよ冬椿/齋藤玄

波除にのみ波見ゆる冬椿/大西桑風

陵の火気を断ちたる寒椿/後長耕浦

寒椿一句は赤し二句黒し/攝津幸彦

寒椿力を入れて赤を咲く/正岡子規

冬椿玉縄五丁目外れかな/皆川白陀

寒椿一輪生けて人待てり/田中冬二

近付けば蕾勝りて冬椿/稲畑廣太郎

楮蒸す湯気の向ふの冬椿/池田和子

柩へ父のめりて投ず寒椿/関戸靖子

寒椿母と降り立つ無人駅/皿井節子

俳句例:61句目~

赤もまた冷たき色よ冬椿/久屋三秋

観音は素足に在わす寒椿/神谷美和

月日経し師弟の礼や冬椿/小林康治

暖き日なり折られて寒椿/河野静雲

藪の中寒椿さき目白なき/田中冬二

舁き下す柩や落つる寒椿/寺田寅彦

古への道のこと問ふ寒椿/道山昭爾

新建の紅めでたかり寒椿/石川桂郎

庫裡開いて無住にあらず冬椿/蕪城

寒椿人恋ふて咲く館跡/篠田恵衣子

寒椿湯滝真滝の相しぶき/西本一都

巨勢山の椿は知らず寒椿/熊谷恵子

穴という穴を塞げり寒椿/斎藤愼爾

一夜さの雨の重たさ寒椿/矢島房利

一湾を見下ろす宿や寒椿/成田久郎

波郷夫人の短き髪や寒椿/細川加賀

日あたりや蜜柑の畑の冬椿/泉鏡花

奥余呉は籬を結はず寒椿/丸山哲郎

岩影に神饌の生簀や寒椿/西村旅翠

寒椿持てば浅草オペラ湧く/不死男

俳句例:81句目~

山寺や縁の下より冬椿/五十嵐播水

山の雨やみ冬椿濃かりけり/白葉女

中年の寂寞しろき冬椿/柴田白葉女

雲影の洋おしうつる冬椿/太田鴻村

霧はやき荒海の日に冬椿/石原舟月

眼底に冬椿燃え傷疼く/柴田白葉女

飲食に倦むときのあり寒椿/森澄雄

落ちたるは徒に拾ひて寒椿/斎藤玄

一度死ぬための生なり寒椿/佐藤火峰

一葉日記より目を上げて寒椿/中拓夫

下むきに咲きそる花や寒椿/星野立子

冬椿光り誠実に過剰ありや/香西照雄

冬椿塔ある谷に遊びけり/松根東洋城

冬椿寝顔のままに夫逝けり/倉田静子

冬椿水の貴さあいさつに/加倉井秋を

冬椿神をだましに来はせぬぞ/梅暁女

冬椿落ちてそこより畦となる/秋櫻子

垂れし枝反り上り咲く寒椿/鈴木花蓑

埃くさき日暮れとなりぬ寒椿/中拓夫

姿なき者らゆきかふ寒椿/水野真由美

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ