季語/蕪村忌(ぶそんき)を使った俳句

「蕪村忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蕪村忌」について

【表記】蕪村忌

【読み方】ぶそんき

【ローマ字読み】busonki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春星忌(しゅんせいき:shunseiki)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

蕪村忌を含む俳句例

蕪村忌や夕路地炭を頒つらし/兌

蕪村忌や雪に会する五六人/茶村

蕪村忌や画中酔歩の李太白/秋櫻子

蕪村忌や炎澄みたる桜榾/長谷川櫂

蕪村忌や河はなけれど移竹集/鹿郎

蕪村忌や残照亭に灯の用意/三幹竹

湖の霧山へ入りゆく春星忌/中田剛

母の句に甘き選者や春星忌/安住敦

蕪村忌や旅もをはりの濁り酒/原裕

冬の虹鴇いろのこし春星忌/中田剛

小火桶に伏して遅吟や春星忌/王春

蕪村忌の心游ぶや京丹後/青木月斗

蕪村忌の蕪くひけり初入門/松瀬青々

蕪村忌や淋しう挿して正木の実/鬼城

道すがら煎餅買ひぬ春星忌/田中裕明

父の忌の春星遠く語るらく/中島斌雄

遺墨匂ふ再興の記や春星忌/中川四明

水仙の一茎をもて蕪村の忌/赤羽岳王

洛北の霰日和に蕪村の忌/鈴鹿野風呂

蕪村忌や師走の鐘も合點だ/村上鬼城

俳句例:21句目~

夕空に刷きし茜や春星忌/片山由美子

蕪村忌や赧然として句盗人/中野三允

出講の師の風呂敷や春星忌/長谷川祥子

天地はいまだモノクロ春星忌/藤井彰二

縁に出て京の灯見ゆれ春星忌/田中王城

雑踏を抜け寺町へ蕪村の忌/大山清治郎

どの家も雪に眠りて蕪村の忌/名和未知

埋火や蕪村忌すぎて年もなく/増田龍雨

太筆に墨のぼりくる蕪村の忌/嶋田麻紀

蕪村忌に呉春が画きし蕪かな/正岡子規

蕪村忌のことにも夜の牡丹雪/中野鶴平

蕪村忌の盥漱に水なかりけり/今井誠人

蕪村忌や何はなけれど移竹集/奈良鹿郎

蕪村忌の風呂吹足らぬ人数哉/正岡子規

蕪村忌や残る尾花の田舎寺/岡本癖三酔

街騒を潮騒と聴き蕪村の忌/鍵和田釉子

鷹の羽を拾ひ蕪村の忌と思ひ/萩原麦草

蕪村忌や蕪村の偽筆掛けて見る/羅蘇山人

蕪村忌や壺中の酒の振れば鳴る/前山松花

蕪村忌や暮れきつてより銀の雨/若山允男

俳句例:41句目~

蕪村忌や山ふところの冬日濃し/中田余瓶

味噌漬のぐぢが食べごろ春星忌/草間時彦

蕪村忌に磨る奈良墨の匂ひけり/福村青纓

与謝住みのわが半生や蕪村の忌/柴田只管

掛軸は雪ふるけしき春星忌/阿部みどり女

弧となつて大橋架かる蕪村の忌/広瀬直人

瓶にさす梅まだかたし春星忌/大橋越央子

あやまちて茶碗を割りぬ蕪村の忌/野村喜舟

うつくしき炭火蕪村の忌なりけり/岸風三樓

かへりみてあたたかかりし蕪村の忌/森澄雄

蕪村忌や山茶花月をかかげゐて/駒沢たか子

蕪村忌や笹たちそめし町の中/久保田万太郎

蕪村忌や絖より黄色浮き立つる/河野多希女

蕪村忌の毛馬の夕闇しぐれかな/村井美意子

蕪村忌の樅の木ひよいと戦ぎけり/小澤克己

蕪村忌の富士真白にあらはるる/滝沢伊代次

史記を好み杜詩を愛して春星忌/大橋越央子

蕪村忌やをんなのすこし着飾りて/黒田杏子

湯ざめして蕪村忌の夜の更けにけり/所山花

蕪村忌や沖かけて与謝の海騒ぐ/猿橋統流子

俳句例:61句目~

ことことと小鍋の煮ゆる蕪村の忌/山内遊糸

蕪村忌やさみしう挿して正木の実/村上鬼城

くらはんかの皿の厚手や蕪村の忌/成瀬櫻桃子

蕪村忌の蒔絵の金のくもりけり/鍵和田ゆう子

蕪村忌の土堤の日だまり独楽打てり/田中英子

ちりめんの座ぶとんふかと蕪村の忌/永方裕子

蕪村忌やきんの琴かふおんみやうじ/日夏耿之介

蕪村忌や画談となれば画家あらぬ/安斎桜カイ子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ