季語/帷子(かたびら)を使った俳句

「帷子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帷子」について

【表記】帷子

【読み方】かたびら

【ローマ字読み】katabira

子季語・関連季語・傍題・類語など

・白帷子(しろかたびら:shirokatabira)

・染帷子(そめかたびら:somekatabira)

・黄帷子(きびら:kibira)

・絵帷子(えかたびら:ekatabira)

・辻が花(つじがはな:tsujigahana)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

帷子を含む俳句例

初秋や帷子ごしにかかる雨/毛

帷子や眉根の重き浴時/りん女

帷子は北山杉の藍模様/宮崎寒水

汗や露おのが染たる柿帷子/自鶴

帷子や観世太夫が袴能/大谷句佛

帷子や越路の伯母の片便り/蕪村

黄帷子夕日の中や墓詣/滝井孝作

帷子に白々とある滑走路/糸大八

頑丈の身に帷子や錨紋/松藤夏山

方丈に帷子積んで遍路寺/氷川殉子

窯元の老主帷子涼しげに/真柄嘉子

帷子や冷えを恐るゝ為人/小杉余子

帷子をさと脱捨てし畳哉/篠崎霞山

帷子や明の別のすそかろき/炭太祇

阿育王塔帷子着たる立姿/田中英子

紫陽花や帷子時の薄浅黄/松尾芭蕉

松風のふはと添ひけり御帷子/松香

帷子の紺あでやかに初嵐/野村喜舟

帷子の置き洗濯や木槿垣/中村史邦

夜涼や露置く萩の絵帷子/高井几董

俳句例:21句目~

帷子は日々にすさまじ鵙の声/史邦

帷子を真四角にぞきたりける/一茶

霰まじる帷子雪は小紋かな/松尾芭蕉

黄帷子著て閑な稽古や能楽師/幸喜美

帷子の洗ひ洗ひし紺の色/松本たかし

帷子の漆紋なぞも知れる人/尾崎迷堂

身に入むや喪の帷子の薄鼠/野村喜舟

帷子を旅の鞄に座長我れ/寿々木米若

帷子ややゝともすれば膝頭/寺田寅彦

帷子をほすてふ山の霞かな/尾崎紅葉

帷子や袖に野風呂の走り炭/会津八一

虚子門の老や黄帷子の紋所/岩木躑躅

薺つむ帷子雪のふまれけり/飯田蛇笏

絵帷子懸けし楽屋の衣桁哉/梅本塵山

帷子によき風の吹く酒楼哉/尾崎紅葉

帷子に花の乳房やお乳の人/高浜虚子

帷子や蝿のつといる袖のうち/炭太祇

くらべ合ふ帷子の絵や禿どち/内藤鳴雪

足もとの鯉も暮れたり湯帷子/綾部仁喜

鵜飼見て盆帷子の濡るゝこと/萩原麦草

俳句例:41句目~

わすれゐし帷子ありぬ妹が許/高井几董

一睡のあと亀あるく黄帷子かな/上村占

丈つめて裄つめて母の湯帷子/鈴木栄子

世につれて帷子を水通しにす/長谷川双

仄とあり古帷子に裹まれて/相生垣瓜人

今日は父背縫ますぐに黄帷子/星野立子

取次の肩いかめしき黄帷子哉/寺田寅彦

帷子や痒さまだ来ぬ灸のあと/小杉余子

黄帷子残りしいのち涼しくす/立花豊子

帷子は父の形見や著馴れたる/高浜年尾

帷子や三つ紋にして大きなる/寺田寅彦

帷子を洗はずにやる名残かな/水田正秀

魂棚に仕へて老の黄帷子かな/岡本松浜

狂言や帷子に皺ふやしつつ/大木あまり

帷子を着て町人の子なりけり/松瀬青々

まんだまだまだ帷子の垢ながら/広瀬惟然

居士の墓帷子どきの過ぎにけり/古舘曹人

死が母を最も若くして帷子白/神田ひろみ

粘ごはな帷子かぶるひるねかな/広瀬惟然

朱子学で鍛へし老の黄帷子かな/岩木躑躅

俳句例:61句目~

著なれたる黄帷子最も身に即す/岩木躑躅

帷子を軒端に干せば山が透く/松本たかし

帷子や泣きつ酌みては神ながら/斎藤梅子

帷子の吹かれ曲りしまま歩む/山田みづえ

帷子のしやちこばりたる親仁哉/星野麦人

帷子や汗ひえびえと座にたゆる/飯田蛇笏

瓢箪の花に風吹く黄帷子かな/岡本癖三酔

また外出の黄帷子の皺に堪ふるよ/喜谷六花

深川に老いゆく人の黄帷子かな/深川正一郎

帷子時けむりのやうに猫と棲み/櫛原希伊子

肘張つて黄帷子縫ひ上ぐ遠花火/石田あき子

帷子の古きを着たる花柚かな/長谷川零餘子

黄帷子に大きな紋や軍書よむ/長谷川かな女

着つゝ慣る我より古りし帷子に/相生垣瓜人

米寿なりし祖父の形見の黄帷子かな/石川予風

帷子や古武士のごとくおはしけり/波多江白夜

黄帷子素で着てヒリヒリする残暑で/喜谷六花

背伸びして黄帷子や夫に着せかくる/石田あき子

白の帷子を着る愧るところなくゐたり/喜谷六花

黄帷子着てヂンタのあとをとぼとぼと/中村汀女

俳句例:81句目~

布教部委員会の吾が黙す黄帷子よれたり/喜谷六花

帷子の目にこそたたねはらみをる/冬の土宮林菫哉

糊こはき帷子かぶる昼寝哉/一茶/享和三年癸亥

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ