季語/毛皮(けがわ)を使った俳句

「毛皮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「毛皮」について

【表記】毛皮

【読み方】けがわ

【ローマ字読み】kegawa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・毛皮売(けがわうり:kegawauri)

・毛皮店(けがわてん:kegawaten)

季節による分類

・「け」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

毛皮を含む俳句例

裘一番星と呟けり/飯島晴子

裘匂ふ女と相席す/高澤良一

石山の石に躓く裘/高澤良一

裘裘見て振り返る/高澤良一

弔ひのうしろを通る裘/黛執

双肩に月光重し裘/橋本榮治

裘浪人者の男ぶり/阿波野青畝

白梅や枕をつつむ裘/会津八一

裘砂丘案内の女馬子/加藤三七子

毛皮の男が鳴らす鍵の束/有働亨

裘着る助手席の女かな/井桁蒼水

裘着て犬くさき蟹工女/三戸杜秋

空也忌に拝むや鹿の裘/松瀬青々

脱ぎすててこんな重き裘/辻桃子

裘銃身に似し身をつつむ/桂信子

裘女だてらに腕組みす/高澤良一

ダンサーの裸の上の裘/高浜虚子

外套の毛皮鉄砲傷残る/品川鈴子

父恋し夏さむざむと裘/川端茅舎

かの男やゝ生臭し裘/高橋淡路女

俳句例:21句目~

闘犬の診療医たり裘/岡本秋雨路

鎌倉の日向をあるく裘/高澤良一

裘銃身に似し身をつつむ/桂信子

馬喰の二代目として裘/菅崎磨もる

裘星のとどかぬ匂ひせり/栗林千津

毛皮着て女五感を鋭くす/田中政子

牛売って購ひしこれ裘/真鍋/蕗径

毛皮店鏡の裏に毛皮なし/中村汀女

オリエント文化旅せし裘/山田弘子

裘に辺塞の将老にけり/石島雉子郎

海は夕焼裘のぼる坂の町/巌谷小波

裘/銃身に似し身をつつむ/桂信子

職替へて増ゆる外出や裘/山岡正典

通過駅挙手駅長の毛皮帽/大津希水

巻舌のスペインガイド裘/岩崎照子

包装の中に毛皮の柔かし/右城暮石

映画館裘匂ひ穢土なるや/山口誓子

毛皮敷く上に落ちたり古暦/辻桃子

毛皮剥ぐ日中や桜満開に/佐藤鬼房

軍属といへどをさなし裘/田村了咲

俳句例:41句目~

単車降り少年となる裘/木暮つとむ

頭から見下ろされゐる裘/高澤良一

犬抱いて毛皮の女祓はるる/小林正夫

さりげなき妻の一瞥毛皮店/根岸善雄

大股に歩めば光る毛皮かな/行方克巳

襟巻や毛皮ぞろぞろ念仏寺/川崎展宏

過分とも思ひし心毛皮買ふ/稲畑汀子

鏡とく買人をとらへ毛皮店/皆吉爽雨

飾り窓に毛皮韃靼の羊似の/伊丹公子

むまさうに饂飩すすれり裘/高澤良一

徘徊す虎は四温の毛皮被て/高澤良一

山川のこゑ鋭くなりぬ裘/服部鹿頭矢

裘湯呑を玉のごとく掌に/佐々木六戈

遠のいてゆく裘径真直ぐ/佐々木六戈

裘ぬぎすてにけり寒泳ぎ/五十嵐播水

毛皮売北見よりとて二人連/松藤夏山

毛皮売百円也と吹きにけり/松藤夏山

毛皮被て東京砂漠歩むかな/山田弘子

毛皮着て恋占師が夜の街へ/坂本宮尾

毛皮着て手足短くなる思ひ/志摩陽子

俳句例:61句目~

毛皮着て身の一病を玉抱き/井沢正江

冬待つやこれもかたみの裘/斎藤紫々

毛皮買ふ鏡に映る身を廻し/藤田静古

満月あかるくて毛皮店覗く/中山純子

憶ひ出を毛皮の上を犬とほる/加藤郁乎

しろがねの出羽を立ちけり裘/斎藤梅子

裘いつのタンポポ吹き立てし/久米正雄

胸元の毛皮の爪に汽車の揺れ/品川鈴子

春の泥毛皮に触れてゐて歩く/右城暮石

毛皮被て女盛りを過ぎゐたり/本居三太

毛皮著て人形焼を並び買ふ/今井千鶴子

毛皮すてゝ外套かろく空蒼し/渡邊水巴

毛皮ショー内懐も開けて観す/品川鈴子

腰毛皮擦れ光り出す冬木挽き/宮坂静生

毛皮着て臆する心なくもなし/下村梅子

毛皮着し女その時けものの目/滝沢幸助

裘着てむささびのとぶを待つ/安藤尚子

今朝の冬蝦夷の毛皮の着便り/中川四明

毛皮縫ふふと遊牧の十三夜/小檜山繁子

何祷りをるや毛皮の外套着て/菖蒲あや

俳句例:81句目~

冬やことしよき裘得たりけり/蕪村遺稿

裘似合ひたまふと見てとりし/後藤夜半

毛皮被て稲荷詣での渦の中/鈴木フミ子

すはだかに裘まとふ煖炉かな/西島麦南

裘はるかより濤来つつあり/小野恵美子

大和舞毛皮夫人とならび見る/大島民郎

安物につくはわが性毛皮買ふ/佐藤念腹

裘かけて貰うて漁夫病める/松田弟花郎

驕声をあげて毛皮の群過ぎる/仙田洋子

常会や吾帽毛皮の下になりし/細谷源二

其銀で裘なと得よ和製ユダ/中村草田男

毛皮あひ似たり口ビーの立話/行方克巳

梅日和ラツコの毛皮親ゆづり/野村喜舟

やは過ぎて私の毛皮には成れぬ/櫂未知子

ウインドの毛皮嘯くものとして/竹中弘明

オペラ見に毛皮まとひて一家族/高木晴子

デパートの一画しんと毛皮売る/高橋悦男

マヌカンの呼吸毛皮に埋もれて/品川鈴子

何祷りをるや毛皮のオーバ着て/菖蒲あや

海光に映えつ毛皮鋪鎧戸あげぬ/宮武寒々

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ