季語/海鼠腸(このわた)を使った俳句

「海鼠腸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海鼠腸」について

【表記】海鼠腸

【読み方】このわた

【ローマ字読み】konowata

子季語・関連季語・傍題・類語など

・海鼠腸酒(このわたざけ:konowatazake)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

海鼠腸を含む俳句例

海鼠腸の壺埋めたき氷室哉/利重

このわたや沈思の眼盃へ/磯辺尺山子

海鼠腸に昵懇の箸汚しけり/内田美紗

海鼠腸の瓶厚硝子海鼠腸みゆ/小澤實

海鼠腸が好きで勝気で病身で/森田愛子

海鼠腸や月まだ色を得ずにあり/日原傅

海鼠腸に無頼のこころ制しけり/大串章

海鼠腸や朱のよく入りし三冊子/上村占

海鼠腸を啜る霞を食ふ心地/宮本美津江

海鼠腸や亡父の好みの小盃/二階堂英子

このわたや遠方に散る姥桜/増田まさみ

このわたを捜す留守居や花曇/小澤碧童

海鼠腸に玄海のひびき伝れり/米沢吾亦紅

海鼠腸や岬に古びし小料理屋/古賀ただし

海鼠腸をすすり失礼つかまつる/助田素水

このわたの壺を抱いて啜りけり/島田五空

このわたは小樽海鼠は中樽に/鈴木真砂女

このわたや今宵ぐい飲大きかり/下田実花

このわたや縷々綿々と箸を垂れ/中野三允

海鼠腸を計る手許を見詰めゐし/里村芳子

俳句例:21句目~

このわたを立つて啜れる向うむき/飴山實

海鼠腸しつゝ強姦たる火曜会かな/加藤郁乎

このわたに唯ながかりし父の酒/松本たかし

このわたの桶の乗りゐる父の膳/松本たかし

このわたの酸かり企みあるごとし/大石悦子

このわたを泳がせてゐる海鼠かな/矢島渚男

どれかひとつはこのわたの握り飯/茨木和生

撰り分くるこのわた一番二番あり/杉原竹女

海鼠腸やよき教へ子がよき漁夫に/大星たかし

海鼠腸や年忌のあとを能登に来て/梶山千鶴子

海鼠腸や生きること未だおもしろく/小原啄葉

海鼠腸をすするかすかに悲しみも/秋山巳之流

海鼠腸をすするや絹をすするごと/礒部尺山子

このわたや空母ぞろりとみんなみへ/永末恵子

このわたを食べているなり吃るなり/永末恵子

かけつけのこのわたざけはすこし無理/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ