季語/菊挿す(きくさす)を使った俳句

「菊挿す」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊挿す」について

【表記】菊挿す

【読み方】きくさす

【ローマ字読み】kikusasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・挿菊(さしぎく:sashigiku)

・菊挿芽(きくさしめ:kikusashime)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

菊挿すを含む俳句例

菊挿すや光の中の雨の粒/細谷喨々

大土間に菊の挿し芽の鉢並ぶ/岡田日郎

菊挿しつ恋に溺るゝ恥やある/石塚友二

菊挿して父の愚直に近づけり/宮田正和

要領のおぼつかなくて菊挿芽/高澤良一

入院日決まりし父の菊を挿す/矢口由起枝

嵯峨菊のひ弱さうなる挿芽かな/山田弘子

菊挿して父また老ゆる日昏かな/宮田正和

しかと土押さへて菊芽団子挿し/藤野/山水

それ~に名札を立てて菊芽挿す/服部のぎく

菊芽挿し風に馴らすといふことも/内田准思

挿し芽してつきたる菊と聞かさるゝ/高澤良一

菊の芽を挿して月日のはじまれり/小田切文子

道林寺さん合さい袋の菊挿芽呉るる/喜谷六花

菊挿して待つとにあらず誰がために/稲垣きくの

おのが名の菊挿して堪ふる日のありぬ/稲垣きくの

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ