季語/水貝(みずがい)を使った俳句

「水貝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水貝」について

【表記】水貝

【読み方】みずがい

【ローマ字読み】mizugai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・水介(みずがい:mizugai_)

・生貝(なまがい:namagai)

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水貝を含む俳句例

水貝の器朝より冷やし置く/星野椿

水貝や地酒も由比の浜男/桂樟蹊子

水貝や星美しき日本海/福川ふみ子

水貝に女ながらの上戸かな/光信春草

水貝のまだ動きゐる灯かな/岡田史乃

水貝の小鉢の氷ぐもりかな/綾部仁喜

水貝やうつくしき情窈窕と/西川赤峰

水貝やその足で発つ那智の滝/上村占

水貝や一湾窓にかくれなし/浦野芳南

水貝や僧の輪禍を口々に/赤松ケイ子

水貝や畳に風の出でて来し/川崎展宏

水貝に一箸つけし病余かな/百合山羽公

水貝の歯応へを先づ確かめて/稲畑汀子

水貝の氷解くるに間ありけり/今泉貞鳳

水貝の皿は最後に箸をつけ/稲畑広太郎

水貝やすなはち匂ふ安房の海/石塚友二

水貝や妻をのがれて街にあり/椎葉牧之

水貝や安房の一夜の波の音/深見けん二

水貝や灯が入れば灯の涼しさに/森澄雄

水貝や父ばかりなる父の家/八木林之助

俳句例:21句目~

水貝や鳥羽に雨あしきえかかり/中田剛

水貝を置けば氷の鳴りにけり/早乙女健

水貝の夜の汐騒に降り出でぬ/石井几輿子

水貝や冷ゆるに似たる楼の風/松根東洋城

水貝を噛んでいま亡き人の数/鷲谷七菜子

鴨居に頭うつて坐れば水貝よ/波多野爽波

水貝にぬり箸といふにげ易く/坊城としあつ

水貝の冷えこゞまりて蓼青し/長谷川かな女

水貝を出されて奈良の茶飯かな/曾祇もと子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ