季語/水草の花(みずくさのはな)を使った俳句

「水草の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水草の花」について

【表記】水草の花

【読み方】みずくさのはな

【ローマ字読み】mizukusanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

水草の花を含む俳句例

ふっと空腹水草の花咲けり/牧冬流

水草の花の白さよ宵の雨/正岡子規

水草の花まだ白し秋の風/子規句集

古池に水草の花さかりなり/正岡子規

水草の花それぞれの物語/堀口みゆき

水草の花やうつろは旅の午後/森澄雄

水草の花夕空を波立たす/青柳志解樹

水草やあけくれの花一つづつ/空蘇十

石組に滝跡ありて水草咲く/松本澄江

赤壁に死す水草の花咲いて/萩山栄一

髪洗ふ水草の花白がちに/柴田白葉女

鷺脚を垂れて水草の花に飛ぶ/衣沙桜

水草の花に触れたる水棹かな/正岡子規

水草の花や触れ来し口つぐむ/二条左近

水草の花咲く今日は手弁当/相川玖美子

水草咲きうつうつ匂ふ神の池/有馬籌子

水草の花ゆらゆらと母子家族/海老名衣子

水草の花の白くて釜をみがいてゐる/大橋裸木

水草水深く咲き出でて暑さによぢれる/大橋裸木

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ