季語/不知火(しらぬい)を使った俳句

「不知火」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「不知火」について

【表記】不知火

【読み方】しらぬい

【ローマ字読み】shiranui

子季語・関連季語・傍題・類語など

・龍燈(りゅうとう:ryuto)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

不知火を含む俳句例

家裏は不知火の海絵灯籠/松田雄姿

不知火の海あり古き廓あり/八尾修

不知火や女に通ふ浪間舟/野村喜舟

不知火を想ふ研師の暇かな/藤田湘子

不知火の波の荒崎鶴わたる/桂樟蹊子

不知火は海渡りゆく仏かな/竹内悦子

不知火に酔余の盞を擲たん/日野草城

不知火を待つ銀漢の鮮かに/渡辺安山

わだつみの神戯るゝ不知火か/阿部小壺

不知火にムー大陸の横たわる/五島高資

不知火の退く如く失せにける/江崎潮春

不知火や名さへ残さず一揆人/高田自然

不知火や櫓臍のきしむ父の海/中村石秋

冬萌も赤し不知火の国なれば/福田蓼汀

大朱欒落ちて不知火海見ゆる/宮部鱒太

不知火の闇に鬼棲む匂ひあり/松本陽平

船まつや不知火の海蝗とび/橋本多佳子

わだつみに燃ゆる不知火見んと旅/藤小葩

不知火の夜を繚乱と炎えつづく/牧野麦刃

不知火の海をわたりし旅五日/新山/武子

俳句例:21句目~

不知火の消えし遥かに向くこゝろ/沖双葉

不知火の消えて一会の思ひかな/田代朝子

不知火の見えぬ芒にうづくまり/杉田久女

不知火はわだつみ遠く燃ゆるもの/森土秋

不知火を待てり草木の寝る刻を/松岡豊子

不知火もまた狐火も語り継ぐ/後藤比奈夫

不知火を見る丑三の露を踏み/野見山朱鳥

不知火のいつしか胸の火に移る/柴野みちゑ

不知火の海の不知火恋ひて寝ず/前田野生子

不知火の燃えてさびるる旅籠かな/本郷昭雄

不知火の燃ゆらむ有明海眠れず/村瀬さつき

不知火や指す方にまた飛火生れ/岡部六弥太

不知火や消えては遠く飛火生み/岡部六弥太

不知火を故郷に持てり枇杷をむく/栗木麦生

不知火を見てなほくらき方へゆく/伊藤通明

不知火を見るべく旅のひとりなる/吉武玲子

胸までも炎ゆる不知火重かりき/河野多希女

不知火の語り部として禰宜老いぬ/柴田田鶴江

不知火へ駆けおりてゆくまなむすめ/夏石番矢

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ