季語/鴫(しぎ)を使った俳句

「鴫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鴫」について

【表記】鴫

【読み方】しぎ

【ローマ字読み】shigi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・草鴫(くさしぎ:kusashigi)

・磯鴫(いそしぎ:isoshigi)

・鶴鴫(つるしぎ:tsurushigi)

・赤脚鴫(あかあししぎ:akaashishigi)

・青脚鴫(あおあししぎ:aoashishigi)

・反脚鴫(そりあししぎ:soriashishigi)

・反嘴鴫(そりはしぎ:sorihashigi)

・杓鴫(しゃくしぎ:shakushigi)

・姥鴫(うばしぎ:ubashigi)

・浜鴫(はましぎ:hamashigi)

・当年鴫(とうねんしぎ:tonenshigi)

・箆鴫(へらしぎ:herashigi)

・鷸(しぎ:shigi_)

・京女鴫(きょうじょしぎ:kyojoshigi)

・山鴫(やましぎ:yamashigi)

・ぼと鴫(ぼとしぎ:botoshigi)

・青鴫(あおしぎ:aoshigi)

・鯖鴫(さばしぎ:sabashigi)

・小鴫(こしぎ:koshigi)

・玉鴫(たましぎ:tamashigi)

・田鴫(たしぎ:tashigi)

・鴫の看経(しぎのかんぎん:shiginokangin)

・鴫の羽掻(しぎのはがき:shiginohagaki)

・百羽掻(ももはがき:momohagaki)

・数掻く(かずかく:kazukaku)

・鴫野(しぎの:shigino)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鴫を含む俳句例

立て行鴫心なし秋の暮/長梧

鴫立つや礎残る事五十/漱石

牛呵る声に鴫たつ夕かな/支考

牛叱る声に鴫立つ夕かな/支考

片丘や住初る日を鴫の鳴/一茶

氏神と墓と雷鴫の道/成井恵子

鴫立てずんと昔の夕かな/一茶

鴫立て一とせふりぬ此夕/几董

鴫立て秋天ひきゝ眺め哉/蕪村

巣の鴫に運ぶ嘴小照り/大川輝子

湯豆腐で鴫立沢にも一冬/三千風

相撲取鴫立沢もなかりけり/重丸

泥亀の鴫に這ひよる夕かな/其角

人体は湿地帯なり大地鴫/佃悦夫

鴫立つや其後何の音もなし/成美

潮上げて鴫の看経田に移り/小秋

古沼や鴫立て三日の月低し/子規

鴫立て日は薄墨に暮にけり/尚白

鴫下りし月の浅瀬を渉る/前田普羅

鴫鳴くや酒も油もなき庵/井上井月

俳句例:21句目~

里はなれ鴫立沢やそま捨て場/心牛

立つ鴫を言吃りして見送りぬ/青畝

雷鴫足を取られる山仕事/篠田悦子

鴫おりて沢辺は榛の列なせり/公鳳

石打て立たする鴫に哀れなし/言水

朝の渚駆けて磯鴫なり一羽/樋笠文

石蕗の絮鴫立庵へ海の音/北野民夫

潮引けば鴫の反り嘴潮を追ふ/春潮

磯鴫の百の翔りに帽押へ/小林貴子

磯鴫や諸鳥いまだ加はらず/森田峠

海あたたか雷鴫の急降下/立岩利夫

淋しさの霧へにじむや鴫の声/太無

源流に雷鴫の羽音かな/福田甲子雄

牛呵る声に鴫立ついふべかな/支考

いけ物や袖より鴫の百羽がき/濯資

たつ鴫に眠る鴫ありふた法師/蕪村

鴫突の馬やり過す鳥羽田かな/胡及

三味線で鴫を立たする潮来哉/一茶

鴫突の行く影長き日あしかな/児竹

朝堤ふみたつる鴫の羽音かな/中勘助

俳句例:41句目~

刈り跡や早稲かたかたの鴫の声/芭蕉

鴫渡る万華鏡中暗かりし/神尾久美子

よる浪や立つとしもなき鴫一つ/太祗

鴫立ちてゆふ風わたる古江かな/闌更

虚栗鴫立庵の露地にかな/町田しげき

あちらむきに鴫も立たり秋の暮/蕪村

立つ鴫をほういと追ふよ小百姓/虚子

玉鴫のながはぎあそび望潮/木津柳芽

後の月鴫たつあとの水の中/蕪村遺稿

鍾乳洞守る家あり花卯木/鴫原さき子

浮島や鴫を二日の景として/佐藤鬼房

鴫たつや行き尽したる野末より/蕪村

雪の暮鴫はもどつて居るような/蕪村

玉鴫や落潮若き葦をはなれ/木津柳芽

鴫遠く鍬すゝぐ水のうねりかな/蕪村

鴫飛んで路夕陽の村に入る/寺田寅彦

歩き出す鴫に大きな伊勢の海/古舘曹人

氷ともならで鴫鳴く夜明かな/中川宋淵

白雄忌の海鳴りしるき鴫立庵/田中英子

磯鴫や入江にひらく投網の輪/広瀬釣仙

俳句例:61句目~

磯鴫や真野の浜打つ片瀬波/坂井ひとし

猟銃音水面すれすれ鴫か逃げ/石川桂郎

群れてゐて照準に入る鴫一羽/北川英子

雛の頭を鷹の巣巌の霞かな/松根東洋城

鴫たつて暮れの焚火のもる夜かな/白雄

鴫の嘴岩一と色に寄る辺なや/成田千空

鴫わなや鴫はさやらず蓼の花/寺田寅彦

鴫下りし音に目ざめつ月の酔/前田普羅

鴫立つて月の野道となりにけり/村上蚋

夕けぶり鴫の看経つつみける/平橋昌子

夕鴫は畦木淋しく飛びにけり/野村喜舟

大地鴫叫びて降下繰り返す/森下草城子

姥鴫もたつやさはさは此湯もと/梅翁/

日矢かへす鴫群翔の大干潟/坂本香寿子

春鴫の一つ蘆火に追はれとぶ/内藤吐天

鴫立庵主替りて不在梅熟るる/青木重行

朝戸出や山を睨めば鴫が飛ぶ/会津八一

榛の野のそこここに水戻り鴫/岡井省二

磯鴫や汐木のどれも濡れてをり/鈴木雹吉

雪解野の瀬岐れまぶし帰り山鴫/内藤吐天

俳句例:81句目~

木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる/木村蕪城

鴫たつや余所のわかれに暮まさり/千代尼

鴫いくつかむつめるこゑと男山/岡井省二

鴫一つ向ふさがりや沼の小田/阿波野青畝

生死いま磯鴫に時あずけおく/長谷川草々

鴫たつてくれの焚火のもる家哉/加舎白雄

磯鴫のあるく七里の渡しあと/藤田あけ烏

島さびし鴫鳴く声も汐の香も/向江八重子

百とせのその日も鴫のゆふべ有る/千代尼

鴫のゐて茫々たる田もの思ふ/新谷ひろし

鴫突の財布はたきぬ舟博奕/長谷川零餘子

鴫の羽の田に鳴込むやけふの月/浜田酒堂

坐しゐたり鴫立庵の春の蚊に/町田しげき

背高鴫影とがらせてゐたりけり/松井恭子

鴫立てひとゝせふりぬ此ゆふべ/高井几董

立てば淋し立たねば淋し鴫一つ/正岡子規

雨ながら鴫立つ沢にもうひとり/清水径子

鴫網の目にもたまらぬ稲子かな/中村史邦

雪の夜を雨波貝ことに睡りけり/鴫戸奈菜

水田満つ鴫の片脚立ちのほか/八木林之介

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ