季語/金盞花(きんせんか)を使った俳句

「金盞花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「金盞花」について

【表記】金盞花

【読み方】きんせんか

【ローマ字読み】kinsenka

子季語・関連季語・傍題・類語など

・常春花(じょうしゅんか:joshunka)

・唐金盞(とうきんせん:tokinsen)

・金盞草(きんせんそう:kinsenso)

・カレンジュラ(かれんじゅら:karenjura)

季節による分類

・「き」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

金盞花を含む俳句例

半島の風鹹し金盞花/高澤良一

日蓮の生国埋む金盞花/高澤良一

貝売の高声がゆく金盞花/伊藤京子

初市の金盞花抱へ顔隠る/宮津昭彦

近在の金盞花葺き花御堂/高澤良一

暖流や畑に剪り売る金盞花/下田稔

浜人の足幅広し金盞花/殿村莵絲子

潮風や島に育てし金盞花/松島正子

金盞花満開にして島乾く/二村典子

雫切りのぼる太陽金盞花/高澤良一

金盞花いよいよ金に昼深し/田村木国

一の字にあるは潮目や金盞花/森田峠

金盞花あまりし命何なさむ/巌谷小波

勤勉を継ぎたる島の金盞花/花谷和子

真鍮の什器かずかず金盞花/西村晴子

島畑の風の中なる金盞花/久保ともを

磯波の泡波伸びつ金盞花/水原秋櫻子

故里をぶら~歩く金盞花/真田三裕紀

空缶に入れて供へし金盞花/紙田幻草

村中を抜け出た途端金盞花/高澤良一

俳句例:21句目~

海上を高く日がゆく金盞花/和知喜八

金盞花の瞳束ねて鳥想う/北原志満子

金盞花挙げて畑土代赭いろ/高澤良一

黒潮の風に色もつ金盞花/長野美恵子

金盞花砂の目潰し喰ひけり/高澤良一

仏花たることに輝き金盞花/文挾夫佐恵

金盞花埴輪の鼻梁頭より垂る/西本一都

金盞花夕日に岬の漁夫消され/桜井博道

島の太陽海に反射す金盞花/松崎鉄之介

摘む声の海へつつぬけ金盞花/鷹羽狩行

金盞花摘む声海へはなやげる/林八重子

金盞花斧けむらえり雨よ岬よ/兼近久子

金盞花淡路一国晴れにけり/阿波野青畝

日持ちよき安房金盞花仏壇に/高澤良一

金盞花炎ゆる田水に安房の国/巌谷小波

磯海女が売る海光の金盞花/町田しげき

隠岐対馬あの雨の日の長春花/二村典子

篠囲ひして金盞花まだ葉がち/高澤良一

金盞花きらきらきらと安房の雨/北澤瑞史

耐へて咲く金盞花海の風つよし/藤田湘子

俳句例:41句目~

金盞花活けて日あたる父祖の墓/栗山妙子

婆がゐてまた婆がゐて金盞花/小島千架子

金盞花安房の岬畑日のなだれ/遠藤真砂明

金盞花眼を病む人に歩をあはす/山田文男

金盞花挿し体重計の傍へ置く/石井沙知子

ぱらりと一村大粒に陽と金盞花/宮津昭彦

風波の立つ目立たぬ日金盞花/鈴本真砂女

金盞花摘みては抱く日のぬくみ/高村のぶ

灯を消してよりあたゝかき湯婆かな/村田長春花

冬から一つ二つと咲きあまた莟の金盞花/喜谷六花

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ