季語/春闘(しゅんとう)を使った俳句

「春闘」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春闘」について

【表記】春闘

【読み方】しゅんとう

【ローマ字読み】shunto__

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春期闘争(しゅんきとうそう:shunkitoso)

・春季闘争(しゅんきとうそう:shunkitoso_)

季節による分類

・「し」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

春闘を含む俳句例

春闘や工区の空の赤き月/鋤柄定義

春闘のビラ貼つて来る塵芥車/芝由紀

春闘の幟はたはた海の町/鈴木多江子

春闘の闇ゆさぶりぬ装甲車/小宅容義

春闘終ゆ駅手黙々駅を掃く/田中朗々

行く春闘や鉄道員の目に涙/八木博信

一点を見つめ鉄切る春闘経て/増田達治

喪の列と春闘の列すれ違ふ/服部ますみ

塵芥車も春闘参加車体に字/田川飛旅子

後向きに児を負ふ人や春闘旗/小俣幸子

春闘や荷台に積み上ぐ貸布団/金子佳子

春闘練る灯下の髪に雨滴散り/友岡子郷

来迎図春闘はもう終りなり/星川木葛子

永かりし春闘なりしむつ五郎/甲斐虎童

病廊とおなじさむさの春闘旗/吉田紫乃

蝌蚪の頭の乱れ春闘雨となり/伊藤京子

春闘つづく朝の日あつめ駅広場/河野南畦

春闘のデモ行く声々輸血の刻/赤城さかえ

春闘はよごれボイラー露出する/星野紗一

春闘期からす森より濡れて出づ/池田秀水

俳句例:21句目~

春闘練るバネ強き椅子夜の仲間/飯島草炎

股間より若きかぜ起きて春闘へ/鷹島牧二

血は眠らず春闘近し雪降り積む/橋本夢道

春闘のおのれ励ますビラを書く/延平いくと

春闘のデモ足早やに小さい都市/稲岡巳一郎

歩のやうに使はれ春闘期となりぬ/菖蒲あや

春闘のスクラムたんぽぽ踏みつけて/石川文子

春闘妥結トランペットに吹き込む息/中島斌雄

春闘敗北ストビラ剥げば樹の皮むけ/中野弘一

春闘行進わが部下の眼ぞためらふな/清水基吉

春闘に”狎”といふ字は”けものへん”/富安風生

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ