季語/芥菜(からしな)を使った俳句

「芥菜」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芥菜」について

【表記】芥菜

【読み方】からしな

【ローマ字読み】karashina

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芥子菜(からしな:karashina_)

・ながらし(ながらし:nagarashi)

・青芥(あおがらし:aogarashi)

・菜芥(ながらし:nagarashi_)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

芥菜を含む俳句例

芥菜を好める齢子に弱し/澤木欣一

芥菜や京は底冷えなほ残り/小沢游湖

からし菜の花に春行なみだ哉/松岡青蘿

病院食に生粋の芥菜をつけよ/鮫島康子

誰が蒔きし芥菜を摘む越辺川/川村松野

からし菜に直ぐ積りけり春の雪/前田普羅

茎立てゝからし菜雄々し勇しゝ/前田普羅

からし菜が濃緑に夜や明けぬらし/前田普羅

からし菜の湯を通したる緑かな/中村青一路

からし菜の花に廃船よこたはる/阿波野青畝

からし菜や折りて揃へてかさ高し/前田普羅

からし菜の花のつづきの醍醐かな/村山美恵子

からし菜を漬けて他人と言はるる身/八牧美喜子

からし菜を買ふや福銭のこし置き/長谷川かな女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ