季語/海苔(のり)を使った俳句

「海苔」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「海苔」について

【表記】海苔

【読み方】のり

【ローマ字読み】nori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・甘海苔(あまのり:amanori)

・浅草海苔(あさくさのり:asakusanori)

・葛西海苔(かさいのり:kasainori)

・すさび海苔(すさびのり:susabinori)

・十六島海苔(うっぷるいのり:uppuruinori)

季節による分類

・「の」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

海苔を含む俳句例

春風や海は海苔取蚫取/正岡子規

海苔掬ふ水の一重や宵の雨/蕪村

浦里の桜さきけり海苔の味/士川

絶壁の下に海苔取現れ来/上野泰

家遠し海苔干す女何諷ふ京/移竹

海苔掻の臑の長さよ夕日影/素丸

此比の朝夕やすし海苔二枚/蓼太

海苔採の完全武装耳袋/高澤良一

短剣の如海苔目串咬へけり/上野泰

天に凧海苔網洗ひ尽くすまで/林翔

海苔干すや町の中なる東海道/羽公

暮雪にてただ漠々の海苔簀原/林翔

春寒し一朶の海苔は流れ行く/普羅

鳥渡る運動会の海苔巻手に/杉本寛

島海苔もそへてくれけり蟹胥/雲良

海苔採に昔語りを浦浪は/高澤良一

十月の春吹風や海苔の屑/高井几董

お元日海苔煎餅に唇吸はる/小川軽舟

礁上の寒水海苔を湛へけり/渡邊水巴

白や海苔は下部のかい合せ/榎本其角

俳句例:21句目~

痩せ葱と海苔なき海苔簀錯落す/林翔

引汐の浜名の橋は海苔青し/瀧井孝作

熱飯に岩海苔撓る桜の夜/冨田みのる

淡雪や海苔の干場も汐入も/野村喜舟

海苔売女出雲もはての関訛/木村蕪城

海苔の潮廓ともれば夕騒す/西島麦南

海苔黒し観音堂に登り来て/右城暮石

海苔障子より蝶々と女の子/岡本武三

海苔舟や鷺みな歩く潮の中/渡辺水巴

海苔舟に夕鶴声を落しけり/河野照子

岩海苔を雑煮に放ち雪急に/中西舗土

命綱結びて能登の海苔掻女/松前暁歩

一番星二番星海苔はげみ漉く/有働亨

一番星二番星海苔漉きいそぐ/有働亨

海苔掻女余寒の髪をもてあます/麦草

島からの文のしめりや海苔の塩/蝶夢

茶屋裏に海苔簀一枚初大師/米本畦午

乾海苔やおぼろおぼろと蜑か家/麦鴉

海苔粗朶の中大通路小通路/右城暮石

春の雪能登の岩海苔炙りつゝ/飴山實

俳句例:41句目~

元朝の音のすなはち海苔砧/青木重行

松風や時うつりして海苔の寄る/乙二

海苔ひびの絣ほつるる春隣/西村梛子

わりなしや海苔に纏るうつせ貝/二柳

海苔を焼き随へど心そむく/喜谷六花

青海が簀の外に迫り海苔砧/臼田亜浪

金沢の海苔売来たり雪の隙/石塚友二

遠雪崩山本山の海苔が反り/坪内稔典

日に照らふ海苔簀空しき南向き/林翔

次の岩へ海苔掻移り音幽か/渡邊水巴

逆光に海苔掬ふこと百万遍/高澤良一

西風が運ぶさゞ波海苔育つ/右城暮石

海苔粗朶に汐引く砂の鴉かな/高木晴子

朝の膳の海苔吹く風や更衣/大谷碧雲居

海苔の江に破船水漬ける幾年ぞ/秋櫻子

海苔ひびの風青むまで佇たしめよ/原裕

松風や羽田の子供海苔を乾す/細谷源二

海苔拾ふ海苔の如くに漂ふて/高澤良一

海苔拾ふうすももいろの掌に/高澤良一

流れ海苔掬ふ長靴胸まで履き/椎橋清翠

俳句例:61句目~

海の音させ海を出る海苔採女/清水径子

海中に條里をなして海苔育つ/山口誓子

海苔粗朶の上に低しや東京市/松藤夏山

海苔粗朶の中を走るや帆掛船/正岡子規

海苔白ゆかしき春のたつき哉/篠崎霞山

海苔洗う人ら憩えり夜の焚火/古沢太穂

海苔汲みの粗朶の外遮るなし/小澤碧童

海苔粗朶の茫々と鴨弾み入る/桂樟蹊子

海苔汁の手際見せけり浅黄椀/松尾芭蕉

海苔育つ海は広いな大きいな/高澤良一

海苔育つ雲仙噴煙真向かひに/石田慶子

海苔を漉く水流れをり道つけて/上村占

海苔舟の棹さし出づる籬かな/後藤夜半

海苔舟や波に追はれて棹せる/高野素十

海苔舟を洗へば灯り紀三井寺/岸風三楼

海苔芳し七草過ぎの朝の膳/下村ひろし

海苔麁朶に遊ぶ漁村の燕かな/子規句集

海苔麁朶の中を走るや帆掛船/正岡子規

燈台が灯り寒海苔打ちはじむ/萩原麦草

砲台に海苔麁朶つづく浅瀬哉/正岡子規

俳句例:81句目~

荷を解けば浅草海苔の匂ひ哉/正岡子規

不作海苔干しつつマンボ唇を洩る/原裕

菜畑に海苔乾してある浜の街/菊島/登

行年やひとり噛しる海苔の味/加舎白雄

仏間まで岩海苔匂ふ能登雑煮/杉山郁夫

衰ひや歯に喰あてし海苔の砂/松尾芭蕉

裏山へ干場の伸びて海苔日和/上杉緑鋒

頭大の海苔を焙つて学問寺/鳥居おさむ

冬ざるる箱に海苔巻ぎつしりと/辻桃子

午祭海苔簀がこひの祠にも/塩谷はつ枝

海苔あぶる火の美しや朝の程/野村喜舟

品川の路地の海風海苔を干す/井沢正江

海苔を漉く手頸枯木の如き母/品川鈴子

海苔屑の染むる磯ふみ避暑人/皆吉爽雨

海苔場とて海苔を結ひたる門飾/森田峠

海苔場あり凍傷の手の女らに/市橋一男

海苔つけし粗朶一片や波のまゝ/たかし

海苔採女潮に流れて逆らはず/河野南畦

海苔採や女もすなる頬被り/高橋淡路女

干海苔の簀離るゝ音や冬日南/吉田冬葉

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ