季語/霧(きり)を使った俳句

俳句例:101句目~

海霧沖に退き残る夕明り/高濱年尾

山霧に幹の如くに我は濡れ/上野泰

向き~に往来人や霧の中/西山泊雲

吠え牛に山彦高し霧の中/西山泊雲

霧湧けば無絃の響永平寺/河野南畦

筒鳥に霧呆けゆく暁の坂/角川源義

霧深し何呼りあふ岡と舟/高井几董

吹絵籠空しらみけり霧の窓/調川子

吾も越す霧の國境群鶫/石田あき子

朝顔や静かに霧の当る音/鈴木花蓑

霧深き花野や声が命綱/黒坂紫陽子

霧深き町の油屋渡世かな/京極杞陽

霧淡し禰宜が掃きよる崖紅葉/久女

吾亦紅霧の日輪珠となる/植山露子

霧流れ劫初のごとく樺生れつ/林翔

淋しさの霧へにじむや鴫の声/太無

山霧の裾の重さよ栃の花/橋本榮治

木ノ芽峠雨霧赤腹湧出す/岡井省二

山霧は夜も峡浸すほたる籠/有働亨

木曽馬の足の短き霧が抱く/古田海

俳句例:121句目~

山霧や虫にまじりて雨蛙/飯田蛇笏

霧朝や雫してゐる馬の腹/前田普羅

霧時雨富士を見ぬ日ぞ面白き/芭蕉

嘶くや霧の熊笹喰み育ち/久米正雄

霧寒し日蔭のかつら袖につく/暁台

山霧を払ふ扇の寒かりき/尾崎紅葉

噴火口近くて霧が霧雨が/藤後左右

山霧を行かせ蒼白なり氷河/有働亨

山頂の霧粗かりし夜の髪/野澤節子

山頂や吹かれて霧の影走る/木村勇

山鳩の声沁む霧の落し水/青木千秋

机より霧の流れる小学校/高澤晶子

深谷をあふるる霧や女郎花/鈴木元

霧吹いて蛍籠より火の雫/鷹羽狩行

霧一日霽れぬ密林黄落す/右城暮石

霧を来て鮫肌いろの両腕/高澤良一

白描の雪渓白濁の霧の中/岡田日郎

霧を噴く鶴の鋳物や青嵐/寺田寅彦

堂内の明暗霧の去来かな/稲畑汀子

霧ふ夜の光りて眠る秋螢/石原八束

俳句例:141句目~

壷の国信濃を霧のあふれ出づ/静塔

穂黍まだ青きに早も山の霧/原石鼎

峠駅霧の中より現れし/梅田実三郎

霧じめりせる命綱籠渡し/松浦真青

霧じめりせし紫や藤袴/射場秀太郎

楡に濃く樺に淡く霧流れ/田中せ紀

楼門の楼上障子霧に暁け/皆吉爽雨

廃坑の山消し櫓消して霧/井上蘇柳

廃山荘霧の出入りの石の窓/長田等

霧の中籠の囮の動き見ゆ/岡本湯雨

霧の石俥灯借りて徘徊す/宮武寒々

夕霧やうす星いでて笠庇/飯田蛇笏

霧さぶく屋上園の花に狆/飯田蛇笏

待宵の四山霧ふかき外厠/西島麦南

走る霧淀む霧あり朴の花/三村純也

樒さす手からも霧は立にけり/一茶

御幣餅熱き息はき秋の霧/栗生純夫

川霧や白樺の根の濯ぐ影/小池文子

霧の中相対ふ巌の黙深し/相馬遷子

雲霧の姨捨山に余花と墓/相馬遷子

俳句例:161句目~

夕霧に腰の重たき三俣山/横山白虹

忽忘草霧に咳き人行けり/堀口星眠

霧の駅冷凍の魚ひきずられ/中拓夫

隼の眼を張つて霧の中/大木あまり

阿蘇谷の霧より一番鶏の声/長田等

閂を軋りはづしてけさの霧/及川貞

長城に女坂あり霧晴るる/横山昭作

銀色の白雨に河原葦の霧/北原白秋

霧の中より神神の遊ぶ笛/宮下翠舟

稿継げり絹糸草に霧吹いて/樋笠文

湯煙か万座の霧か朝の風/磯野充伯

野の岩は昔は礁霧すさぶ/工藤義夫

逆落す鶫の群や霧の穴/水原秋櫻子

大霧のせまる軒端や草珊瑚/三空坊

轟々と霧の中行く列車哉/徳田秋声

車窓流る羊群の白霧の白/村松紅花

母のもぐ白繭黄繭霧の中/石原八束

足許の白山千鳥の他は霧/高澤良一

走る霧樹々の屍声立てむ/林原耒井

栗の花斜面の村は霧降りて/有働亨

俳句例:181句目~

湯畑の霧籠め硫気鼻曲る/高澤良一

走り穂や山際へ退く朝の霧/森重昭

水掬ぶ霧の中なる灯を水に/及川貞

水槽に魚の目があり霧の街/中拓夫

秋は紅葉眼にはれよ霧はれよ/白雄

一つ家の一本杉や霧の中/寺田寅彦

貝の音に霧吹払へ逆の峰/伊藤松宇

戸隠やもとより霧の宮柱/尾崎迷堂

視界とは今霧の中霧流れ/稲畑汀子

一切があるなり霧に距てられ/清子

蠢くは霧の群像ホーム長し/三谷昭

蟷螂のをののく霧の障子かな/舟月

煤煙の尼崎市を霧つゝむ/右城暮石

一念寺跡山がかる霧深し/高木晴子

虎尾草に黒姫山の霧匂ふ/亀田英子

薄霧は傘屋もしらぬ袂哉/井原西鶴

熱燗や草叢に霧しづむまま/中田剛

一本の樺見ゆ他は一切霧/高澤良一

落鳥の翼とざせり霧の中/横光利一

子が得たる蛍に妻は霧を吹く/雅人

タイトルとURLをコピーしました