季語/濁酒(にごりざけ)を使った俳句

「濁酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「濁酒」について

【表記】濁酒

【読み方】にごりざけ

【ローマ字読み】nigorizake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・だくしゅ(だくしゅ:dakushu)

・どぶろく(どぶろく:doburoku)

・どびろく(どびろく:dobiroku)

・諸醪(もろみ:moromi)

・諸味(もろみ:moromi_)

・中汲(なかくみ:nakakumi)

季節による分類

・「に」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

濁酒を含む俳句例

山伏の血脈正し濁り酒/小島健

猪の出づる山なり濁り酒/小島健

濁酒仙人仙女板戸絵に/有馬朗人

水いそぐ旅の果なる濁り酒/原裕

杓子庵どぶろく白き後の月/中勘助

濁酒あり星と野犬の髑髏/金子兜太

老の頬に紅潮すや濁り酒/高浜虚子

にごり酒少し嗜む旅の宿/吉田ミヨ

濁り酒歌の牧水おもひけり/大北穆

蕪村忌や旅もをはりの濁り酒/原裕

わが犀は二百里の果濁酒/菅原鬨也

濁酒を酌むと燿う杉林/宇多喜代子

濁酒を酌むと燿う杉林/宇多喜代子

友垣の一人よ旅の濁り酒/高澤良一

畏しや神の振舞ふ濁り酒/松本敦子

韭和へを肴に講の濁り酒/松本竜庵

昼の酒濁世の蛙聞きながら/飴山實

杣小屋に隠し醸せる濁酒/目黒一栄

どぶろくを旅の者にも祭杣/藤田湘子

どぶろくの大甕据ゑて神集/結城一雄

俳句例:21句目~

たくさんの獣らに会ひ濁り酒/小島健

ふるさとは遠きほどよし濁り酒/林翔

にごり酒爺が自慢の秋田犬/佐藤牧羊

霜の蟹や玉壷の酒の底濁り/子規句集

鍋ごてら田におろすなり濁り酒/一茶

旅仲間雪っこといふ濁り酒/高澤良一

藁の栓してみちのくの濁酒/山口青邨

芦の根の早き流れや濁り酒/高濱年尾

熊祭しばしうたげの濁り酒/小暮恵三

売初の濁酒なり借られけり/田中徹平

喇叭手でありし口皺濁り酒/遠山陽子

濁酒に壮年の髭ぬらしけり/飯島晴子

濁酒や兄弟狎るゝ父亡き夜/小林康治

治聾酒の底いさゝかの濁りかな/原月舟

深吉野の冷えまさりける濁り酒/小島健

温泉巡りの一人旅佳し濁り酒/高澤良一

濁り酒てふふるさとの雪の色/今瀬剛一

濁り酒不意に険しく老いの眉/中村苑子

濁り酒澄みて三月たり得たり/萩原麦草

濁り酒男の本音こぼしけり/海老原やす

俳句例:41句目~

濁り酒農家の茶碗どれにも疵/木村赤風

濁酒や養子してはや老農夫/百合山羽公

濁酒杣にはなくてならぬもの/高濱年尾

町医者とつひなり果てし濁酒/村上三良

吐せども酒まだ濁る瓢かな/河東碧梧桐

馬の子の轡祝ひや濁り酒/菅原師竹句集

どぶろくに合掌一棟ごと匂ふ/岡井省二

顰面にてどぶろくを利きにけり/小澤實

どぶろくに酔ふて凭れる煤柱/高澤良一

どぶろくの空壜眺めつゝ独酌/高澤良一

どぶろくの酔のふかまる紅椿/藤岡筑邨

どぶろくや金切声の鵙去りて/西東三鬼

どぶろく祭新の檜の櫂使ひ/中戸川朝人

啓蟄やどぶろく桶の箍ゆるみ/宮坂静生

写楽似が顎撫でてゐる濁り酒/野田勇泉

濁り酒とろっと炬燵火は赫っと/高澤良一

味噌可なり菜漬妙なり濁り酒/坂本四方太

頬桁の肉暑くなる濁酒かな/長谷川零餘子

風の夜の濁酒ゆすらねばならぬ/池田澄子

どぶろくの外は漆の闇ながれ/入船亭扇橋

俳句例:61句目~

ささなみの国の濁酒酔ひやすし/赤尾兜子

そくばくの利を得て父の濁酒/斎藤俳小星

獅子舞の去りし空白にごり酒/北見さとる

酒なめて身ぬち濁せり鳥雲に/鳥居おさむ

どぶろくや丈草にさへ魯九あり/加藤郁乎

濁酒かくして呑んで酔ひけらし/吉沢無外

どぶろくに白川の夜を更しけり/高澤良一

濁り酒銘も凛々しく「美少年」/高澤良一

濁り酒入っていますか酒屋さん/高澤良一

ここにして李白も飲みし濁酒/西山小鼓子

濁り酒にごれる澄める隠れける/加藤郁乎

雪うさぎ眼からとびだし濁り酒/和知喜八

濁酒や酔うて掌をやるぼんのくぼ/石田波郷

どぶろくに灯影小さく乗つてをり/京極杞陽

どぶろくの上澄み雪は夜に入りて/高澤良一

どぶろくの境界発句の天下かな/河東碧梧桐

どぶろくを振れる笑顔も庄助さん/高澤良一

貧の鬚伸びて濁酒を酌みにけり/河東碧梧桐

酸つぱくて突き返したる濁り酒/高松早基子

張る水はどぶろくに似て代田なる/高澤良一

俳句例:81句目~

うつばりに夜のきてゐる濁り酒/三田きえ子

花冷えに似てどぶろくの山の国/大木あまり

どぶろくや語尾かん高き杣ことば/高橋悦男

交りをかへまじく濁酒酌みにけり/河東碧梧桐

どぶろくといふ名の神社はつもみぢ/渋沢渋亭

どぶろくにゑうて身を投ぐ大地あり/森川暁水

どぶろくに阿吽の膝をつき合はす/北見さとる

どぶろくの酔ひ焼鳥ももう翔ぶころ/園田夢蒼花

酔うて泣くことのよろしき濁酒かな/岩谷山梔子

炉に招じ小屋のどぶろく出して来る/小原菁々子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ