季語/木の葉髪(このはがみ)を使った俳句

「木の葉髪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「木の葉髪」について

【表記】木の葉髪

【読み方】このはがみ

【ローマ字読み】konohagami

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

木の葉髪を含む俳句例

その生涯入坑採鑛木の葉髪/及川貞

木の葉髪齢を枷に又楯に/塚本久子

木の葉髪汝も妻子養ふや/下村槐太

屋根裏の望遠鏡と木の葉髪/三谷昭

体内に水脈の音木ノ葉髪/川崎ふゆき

木の葉髪梳りつゝ恋しけれ/星野立子

産月の石鹸につく木の葉髪/鷹羽狩行

木の葉髪わが反骨は痩せざりや/林翔

文芸に一世をかけし木の葉髪/上林暁

木の葉髪掻いて訴ふ忘れ物/高澤良一

吾が齢まざと鏡に木の葉髪/菖蒲あや

櫛のごとの骨あり木の葉髪/大熊輝一

木の葉髪大きな櫛を前髪に/星野立子

木の葉髪生涯木偶の足使ふ/稲荷島人

尚曲げぬ志あり木の葉髪/大久保橙青

木の葉髪母に糸屑つき易し/宮坂静生

木の葉髪仮設便所は風の上/土田武人

散髪の分け方問はる木の葉髪/高澤良一

木の葉髪佛間を通るたび拾ふ/関戸靖子

生涯の家こそよけれ木の葉髪/西本一都

俳句例:21句目~

旅癖の小膝はらふや木の葉髪/小林康治

木の葉髪埠頭の暗き潮に捨つ/小林康治

昨なにを食べし夫ぞ木の葉髪/大石悦子

木の葉髪夢にも母を歎かすや/大網信行

木の葉髪妻愛読のサザエさん/高澤良一

木の葉髪恋の嘆きの酒下げ来/清水基吉

木の葉髪愚に職にやつれをり/小林康治

木の葉髪文芸ながく欺きぬ/中村草田男

木の葉髪いつか身に添ふ旅鞄/黒田杏子

一つ櫛使ふ夫婦の木の葉髪/松本たかし

木の葉髪旅より戻り来りけり/石田波郷

木の葉髪無神論者で通しけり/吉川康子

木の葉髪直に畳に眠りけり/榎本冬一郎

木の葉髪眠り頽るゝ昼ありて/石塚友二

木の葉髪空の真澄に日を置きて/斎藤玄

木の葉髪背き育つ子なほ愛す/大野林火

木の葉髪視力が落ちて堅き本/高澤良一

採血の針見ぬやうに木の葉髪/高澤良一

木の葉髪酔ひて睡りし机かな/草間時彦

木の葉髪雨の二日となりにけり/岡本眸

俳句例:41句目~

木の葉髪せめて眸は明らかに/西島麦南

木の葉髪青天玉のごとくにて/谷野予志

寄りきほふ朝机にぞ木の葉髪/皆吉爽雨

帽子屋の自惚れ鏡木の葉髪/大野伊都子

木の葉髪含羞の爪剪りゐたり/松村蒼石

木の葉髪風交の袖かへしても/小林康治

無駄骨をおる事嫌ひ木の葉髪/高澤良一

心迷ふ時のながさよ木の葉髪/白岩三郎

念入れて結ひし痺や木の葉髪/鈴木花蓑

木の葉髪ひともと全き丈に降る/赤松子

病む故の木の葉髪とは妻かなし/本井英

身を鎧ふ才覚はなし木の葉髪/石原八束

情こはきうたは妖艶木の葉髪/飯田蛇笏

長姉吾に父母の絆や木の葉髪/大橋敦子

木の葉髪みほとけ父は善知識/大橋敦子

黙契の三弟子木の葉髪古りつ/清水基吉

木の葉髪わが坑帽に疵いくつ/仁尾正文

木の葉髪一身洗ひざらしなり/井沢正江

敏雄忌のわが木の葉髪机の上/池田澄子

いつぱいに開かぬ抽斗木の葉髪/宮坂静生

俳句例:61句目~

木の葉髪祓ひくれたる猿田彦/北見さとる

木の葉髪散らして病めり人の妻/石塚友二

木の葉髪もとより無神論者たり/西村和子

木の葉髪琴が襖を洩れゐたり/佐野まもる

木の葉髪巨船音なく通り過ぐ/岩淵喜代子

木の葉髪目にうかぶ友みな若き/相馬遷子

生返事たしかめらるゝ木の葉髪/高澤良一

生涯をさゝげて悔いず木の葉髪/鈴木花蓑

木の葉髪教師手汚すこと知らず/藤岡筑邨

ものごしの松風聴ける木の葉髪/松村蒼石

木の葉髪何か一途に通し来て/下村ひろし

木の葉髪夫に先立つ死を願ふ/赤松ケイ子

人の言気にしてゐては木の葉髪/高澤良一

木の葉髪痩身いづくまで痩する/相馬遷子

木の葉髪無職の名刺刷り上がる/高柳重信

木の葉髪かつては妻も教師たりし/森田峠

六人の子を育てたる木の葉髪/鈴木洋々子

出稼のいつまで続く木の葉髪/菅原野火男

命のごと拾ひぬ母の木の葉髪/大木あまり

地上とは数ならざるや木の葉髪/寺山修司

俳句例:81句目~

木の葉髪染めて恃める何もなし/川井玉枝

木の葉髪眉間に強き刺戟欲し/田川飛旅子

木の葉髪天賦の才もなきままに/小林康治

木の葉髪二合に満たぬ米を磨ぐ/猿山木魂

木の葉髪雨とめて夜の菜果買ふ/宮武寒々

思ひつき子供つぽくて木の葉髪/西本一都

木の葉髪念力ゆるみては病むか/小林康治

木の葉髪身ぐるみ脱いで心電図/高澤良一

愚かさの歳つもりけり木の葉髪/小林康治

木の葉髪片手握りに老いがたく/加藤楸邨

木の葉髪解放されしごと夜来/田川飛旅子

木の葉髪肩にとどめし塗師篭る/野瀬正好

木の葉髪書けば書くほど失えり/寺山修司

旅づかれ木の葉髪にも及びけり/山本久栄

旅ゆくは二夜とさだめ木の葉髪/松村蒼石

星の夜や睡りて殖やす木の葉髪/三嶋隆英

晩成の大器といはれ木の葉髪/坂本たけ乃

木の葉髪あぢさゐ枯れて姿あり/松村蒼石

木の葉髪帽子の中にしまひけり/上野章子

木の葉髪並べて眠りいそがるか/清水基吉

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ