季語/雪眼(ゆきめ)を使った俳句

「雪眼」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪眼」について

【表記】雪眼

【読み方】ゆきめ

【ローマ字読み】yukime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪盲(せつもう:setsumo)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪眼を含む俳句例

縹緲と雪眼に沁みて白き山/沢聰

雪眼には鳥も獣も形無し/佐藤鬼房

登校の鞄まづしも雪眼の子/森川暁水

相祝ふ雪眼の友の一人なく/石川桂郎

登校の殊に女の子は雪眼なり/森川暁水

白島守白鳥疲れの雪目かな/加藤知世子

午笛鳴る空ふり仰ぐ雪眼かな/宮武寒々

巨き友の踏み跡を踏む雪眼して/山崎聰

雪眼ゆえ貧しさゆえの涙かな/本宮鬼首

雪眼の子氷上すべる靴穿ける/森川暁水

雪眼に沁み風は山より一筋道/大野林火

雪眼して越後の雪の外知らず/小林樹巴

雪眼して何の涙かこぼれたる/金箱戈止夫

雪眼して茸の襞に棲むごとし/正木ゆう子

雪眼なる下りの杣に逢ふばかり/中村若沙

雪眼の子つと来て父に耳うちす/長谷川双

雪眼診て山の天気を聞いてをり/岩垣子鹿

涙ぐむしなあえかなる雪眼かな/飯田蛇笏

雪目して女恋ふまで肥えにけり/小林康治

うなばらに雪ふりそそぐ雪眼かな/橋本鶏二

俳句例:21句目~

くらがりに坐りて雪眼いたはれる/広中白骨

こころもとなき雪目して上京す/阿波野青畝

雪眼して薔薇の国より戻りたる/高野ムツオ

行きちがふ顔もあげずに雪眼かな/皆吉爽雨

雪眼して雪のさだめをうべなふや/深谷雄大

柩舁く雪眼わづらふ従兄弟ども/大橋櫻坡子

月山と指されしよりの雪眼かな/文挟夫佐恵

雪眼して潟干拓をうべなひ居り/松崎鉄之介

旅寝にて雪眼しもやけすこしづつ/木津柳芽

雪眼の目あげて旅人のわれ見る子/森川暁水

雪眼して土間の暗きを好みけり/冨田みのる

駅蕎麦の湯気やはらかき雪眼かな/細川加賀

かたこととひとり棲ひの雪眼かな/佐々木有風

峡暮雪眼に赤きものあるはずなし/千代田葛彦

雪眼して津軽じよつぱりいくさ歌/山之内政夫

雪眼ふたぎて来し方をおもふなり/成瀬桜桃子

悔恨のネフリュードフの雪眼なる/成瀬櫻桃子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ