乳牛を使用した俳句

乳牛に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

乳牛を含む俳句例

乳牛の鼻先あまし烏の子/野澤節子

桃の花乳牛のゐるやさしさに/澄雄

乳牛が啼いておどして蛇苺/中村汀女

乳牛に幸福な冬ひとつ星/柴田白葉女

乳牛のそよりと動く冬日哉/中川宋淵

乳牛の斑白うつくし豆の花/大野林火

乳牛の背に鴎ゐて霧の風車/石原八束

大いなる乳牛の顔や萩の上/相馬遷子

山牛蒡咲き乳牛は露ねぶる/石原舟月

苜蓿冬あをあをと乳牛臥す/西島麦南

乳牛に乳みち月見草ひらく/加倉井秋を

乳牛に無花果熟るゝ日南かな/飯田蛇笏

乳牛臥す雪解白根の高さにて/相馬遷子

大安の乳牛瞳うるむ芽木の水/宮武寒々

朝雲の灼けて乳牛に桐咲けり/飯田蛇笏

父の忌の乳牛くらく草をはみ/大井雅人

畑を打つ修女に乳牛来て甘ゆ/西本一都

乳牛の角も垂れたり合歓の花/河東碧梧桐

乳牛鳴き秋燕は迅く花卉越えぬ/飯田蛇笏

女等青ざめ乳牛はぐくむ森の傍/金子兜太

俳句例:21句目~

遠足児よどむに乳牛尾をふりて/飯田蛇笏

乳牛の黒き眼バレンタインの峡/大峯あきら

乳牛や四つの垂れ乳を草の穂に/長谷川かな女

乳牛かたまりぬ大雹と人呼ぶ声す/飛鳥田れい無公

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました