街灯を使用した俳句

街灯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

街灯を含む俳句例

街灯のいつぽん暗し鉦叩/逢坂幸子

街灯の如く梔子香りけり/俵谷武美

街燈の影の二重に暦売/米澤吾亦紅

街燈は高きにともり鳥帰る/桂信子

冬の雷街灯ぐらりねんざする/林恒子

短夜の街燈駅へつづきをり/原田種茅

街灯の丸く光りし無月かな/宗廣貞芳

一本の氷柱街燈の笠より垂れ/高濱年尾

晩夏の蛾娼婦かげひく街燈に/西島麥南

街灯の灯る寒さの一つづつ/深見けん二

街灯はあまたのクルス鳥渡る/対馬康子

街灯もポストも踊りさうな阿波/蔦三郎

街灯映ゆ雲に五位啼き道頓忌/宮武寒々

街燈の灯る寒さの一つづつ/深見けん二

雪明りの街燈が灯りそめた/栗林一石路

はやばやとともる街燈冬めける/富田直治

初花のふるるばかりや街灯り/深見けん二

妄動のひそみ居る街灯の寒し/新居ッャ子

時雨るるや街燈に泛く奈良格子/宮崎幸子

街灯が灯るチユウリツプの真上/有馬朗人

俳句例:21句目~

街灯は夜霧にぬれるためにある/渡辺白泉

街灯りてわかさぎの眼のごとし/飯田龍太

街燈は夜霧にぬれるためにある/渡辺白泉

初富士の暮るゝに間あり街灯る/深見けん二

女に捨てられたうす雪の夜の街燈/尾崎放哉

街灯の濡れてともりぬ厄日過ぎ/片山由美子

街燈のひとり灯れる白夜かな/久保田万太郎

街燈の独楽の子北風に連れ去られ/石原八束

タイトルとURLをコピーしました