浅瀬を使用した俳句

浅瀬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

浅瀬を含む俳句例

我影を浅瀬に踏てすゞみかな/蕪村

春眠の浅瀬に妻の笑ひ声/辻田克巳

鴫下りし月の浅瀬を渉る/前田普羅

初鴨のまづは浅瀬に陣を張る/森松清

夕焼けの空の浅瀬を鳥渡る/池上千里

少女駈け犬駈け浅瀬夏となる/橋本博

柿に見よと弟浅瀬に泳く哉/尾崎紅葉

瓢を抱て浅瀬に泳ぎ習ふ人/正岡子規

蛙鳴く浅瀬もありや大井河/正岡子規

夕立と浅瀬たたかふ音なりき/藤田湘子

子を負ふて蛤にぢる浅瀬かな/藤野古白

砲台に海苔麁朶つづく浅瀬哉/正岡子規

秋水の浅瀬の見えて渡舟著く/稲畑汀子

行秋や浅瀬に遊ぶ木曽の鳥/松原真知子

みじか夜や浅瀬にのこる月一片/蕪村遺稿

山繭や霽るるも降るも浅瀬より/藤田湘子

楽しみは浅瀬にあるや小鮎汲み/井上井月

群鮭の身を震はせて浅瀬打つ/紺野美代子

蚋飛ぶや浅瀬に洗ふオートバイ/奥山昌美

よはよはと蓼も生へたる浅瀬かな/五車反古

俳句例:21句目~

水蹴立て浅瀬をわたる鵜匠かな/水原秋桜子

浅瀬よりみちびく光り小鳥来る/鷲谷七菜子

花うぐひ浅瀬の水のころころと/成田智世子

じよんがらや雪解を急かす浅瀬石川/熊谷詩城

タイトルとURLをコピーしました