起こし絵を使用した俳句

起こし絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

起こし絵を含む俳句例

起絵や人形町は問屋街/根岸葉萍

起し絵の昔をゆめの女坂/石川桂郎

起し絵や昼は桜の色淋し/野村喜舟

表情の生れ起し絵立ち上る/稲畑汀子

起し絵の二色ずれて山の月/太田寛郎

起し絵の山紫水明五色摺り/伊藤瓔子

起絵の男をころす女かな/中村草田男

起し絵の女はいつも急ぎをり/後藤立夫

起し絵の景に遠近出来しかな/山内山彦

起し絵や雨大粒となりゐたり/村山古郷

起絵を組みて日曜まるつぶれ/清原枴童

起し絵のおもひつめたる殺しかな/長谷川双

起し絵のぬれ場のほとけ倒しかな/長谷川双

起し絵の波をこまかに立てにけり/西村和子

起し絵やきりゝと張りし雨の糸/高橋淡路女

起し絵や町行く人に消し惜む/長谷川零餘子

起し絵のけはしき富士の聳えけり/相生垣瓜人

起絵のけはしき富士のそびえけり/相生垣瓜人

起絵のむかし白壁ばかりの村/神尾季羊「権」

起し絵の男をころす女かな/中村草田男「長子」

俳句例:21句目~

起し絵や淡き嫉妬の消えかはす/吉武月二郎句集

起し絵を小屋に見かけし渡舟かな/長谷川零餘子

起し絵の忠治の刃へなへなす/由山滋子「かつらぎ選集」

タイトルとURLをコピーしました