夕焼け雲を使用した俳句

夕焼け雲に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夕焼け雲を含む俳句例

一刷きの夕焼雲は隠岐の辺か/峠

夕焼雲ですよと妻の割烹着/向山隆峰

夕焼雲代田に爛れ選挙終る/相馬遷子

夕焼雲渦なしくらき炭坑街/大野林火

大夏のけふよりぞとも夕焼雲/原石鼎

流れ来て夕焼雲となりにけり/塙告冬

金星は日の嗣子夕焼雲が褥/香西照雄

はふられし山羊のかたちに夕焼雲/原裕

びろうどの如き汗馬や夕焼雲/内藤吐天

今焚ける紅葉のいろの夕焼雲/根岸善雄

夕焼雲仰ぐいのちを大切に/古賀まり子

夕焼雲消ゆるを追ひて出帆す/福田蓼汀

死のきわの夕焼雲を見せてやる/三谷昭

燃え足らぬ夕焼雲よ雁渡る/石田あき子

アカシヤに夕焼雲のいなびかり/飯田蛇笏

夕焼雲棚曳きもの煮て独りなり/奈良文夫

御岳に立つ夕焼雲夜ものこる/水原秋櫻子

秘めごとや鬼雲となる夕焼雲/大木あまり

薔薇崩るるとき嚠喨と夕焼雲/千代田葛彦

いつぽんのすすきに遊ぶ夕焼雲/野見山朱鳥

俳句例:21句目~

世阿弥忌の佐渡につどひぬ夕焼雲/高橋睦郎

冬夕焼雲よりあふれ馬柵ながし/古賀まり子

はたらくものの詩は美しい夕焼雲/栗林一石路

夕焼雲月のしろがねつゝみけり/久保田万太郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました