光陰を使用した俳句

光陰に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

光陰を含む俳句例

三椏の花に光陰流れ出す/森澄雄

三椏の花の光陰流れ出す/森澄雄

光陰のやがて淡墨桜かな/岸田稚

光陰の七分咲き弥生尽/落合冬至

光陰の節目は暗し落椿/齋藤愼爾

聖壇の光陰へだつ蝉時雨/橋本榮治

笹原に光陰流れ青あらし/伊藤敬子

寒巌に光陰刻み月わたる/齋藤愼爾

恙なく過ぎし光陰枯芙蓉/武田光子

光陰と土に鎮まる蟻地獄/飯田蛇笏

烏瓜垂る光陰を思ひをり/館岡沙緻

光陰の束をとらへし白昼夢/谷芙蓉

光陰は竹の一節蝸牛/阿部みどり女

松過の又も光陰矢の如く/高浜虚子

藁屋根にある光陰や青楓/岡本差知子

穀象の光陰わかずひた走る/岩田昌寿

光陰に句読点なし夜の蟻/米澤吾亦紅

百菊の百の光陰まぶしけれ/倉田紘文

動き初む光陰既に牡丹の芽/辻口静夫

光陰のやがて薄墨桜かな/宇佐美魚目

俳句例:21句目~

光陰の流るる音に昼寝覚/野見山朱鳥

此石に秋の光陰矢のごとし/川端茅舎

枯菊を焚く光陰を火種とし/村本畔秀

松過ぎの又も光陰矢の如く/高浜虚子

夕顔のひらく光陰徐かなり/石田波郷

樹のよはひ石の光陰枯深し/池田幸利

雛飾る光陰吾を置きざりに/大橋敦子

一子得て光陰密につばめ来る/中村明子

光陰のながれてをりぬ繭の中/鈴木貞雄

光陰は待たず鞦韆強く蹴る/松本あい子

光陰や深沈と水巴忌前後過ぐ/斎藤空華

光陰や花眼にけぶる毒きのこ/川本洋栄

光陰をほづえにわする冬の鵙/飯田蛇笏

光陰矢の如き簾捲きにけり/鈴木真砂女

墓とわが間雪の光陰ありしのみ/岸田稚

年ゆくや光陰つねに弾指の間/橋本鶏二

初蝶の流れ光陰流れけり/阿部みどり女

方位なく光陰とどまり冬木立/福田蓼汀

日向ぼこして光陰を惜みをり/後藤夜半

枇杷の花ちる光陰の水明り/ほんだゆき

俳句例:41句目~

林檎甘し酸し光陰はただ迅し/成田千空

枯菊の鉢に光陰矢のごとし/五十嵐播水

極月の光陰たゝみかけてくる/小島隆保

熟柿落ち光陰人を振りむかず/岡野洞之

葛水や光陰ゆらぎつゝ過ぐる/斎藤空華

竹皮をぬぐ光陰もうとまれぬ/小林康治

竹皮を脱ぐ光陰もうとまれぬ/小林康治

若布干す千の光陰ゆらめけり/勝見玲子

蚊の声の一光陰をけみしたり/斎藤空華

蝶掠めしのみの光陰算ふべし/小林康治

蟻地獄見て光陰をすごしけり/川端茅舎

たそがれは光陰にじむ水中花/森沢一行

露一と粒の光陰石を噛む根株/成田千空

光陰のかくもやはらか枯木山/中尾寿美子

松過ぎといふ光陰を惜みけり/深見けん二

山梔子の蛾に光陰がたゞよへる/飯田蛇笏

秋風や地に光陰のあともなし/野見山朱鳥

おくれ毛に春の光陰闌けにけり/野澤節子

光陰の矢の折れし野の乳母車/増田まさみ

光陰のひそむ枯野をなに急くや/小林康治

俳句例:61句目~

阿の口に牡丹の光陰見ゆるかな/古舘曹人

日傘置く洞の光陰なきところ/赤松ケイ子

田を刈つて光陰滝のごときかな/平井照敏

万機光陰ヲ脱スベシ/青猫ノ受胎/夏石番矢

古希過ぎの光陰螻蛄の鳴くに似て/澤田緑生

すみれ束解くや光陰こぼれ落つ/鍵和田釉子

老い初めし光陰たふとしや炭掴む/栗生純夫

ががんぼが我が光陰に影ひけり/米澤吾亦紅

蜥蜴出で光陰をやはらかにせり/伊丹さち子

風鈴の古りし光蔭吾が歴たり/竹下しづの女

夢寐の間も光陰のうちきりぎりす/上田五千石

落花霏々この光陰を埋めつくす/野見山ひふみ

光陰を一カツプづつチユーリツプ/赤松ケイ子

タイトルとURLをコピーしました