老い/老うを使用した俳句

老い/老うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老い/老うを含む俳句例

姉若く妹老いぬ夏蜜柑/小澤實

青嵐電信柱老いたるよ/辻桃子

大山や鶯老いて女阪/正岡子規

女老い七夕竹に結ぶうた/鷹女

情淡く熱淡く老い業平忌/林翔

鐵斎の老い黒き瀧赤き瀧/竹中宏

裏方として老い都踊かな/有働亨

鰯雲老いを知らざる天の艶/林翔

橘に鶯老いぬ初瀬の里/正岡子規

追ふ足の細さよ老いの網/中勘助

しんしんと肉の老いゆく稲光/玄

栗拾ふ天地に母の老い深し/原裕

人妻の老いけり御忌の朝詣/大魯

老い給ひ落花に昔物語/高木晴子

美しく姑老い給ふ寒蜆/大石悦子

老い母は噂の泉柿の秋/草間時彦

眼中の人老いにけり桃青忌/青々

尋常に鶯老いる小藪哉/正岡子規

山男老いては集ふ泉あり/有働亨

老いて尚芸人気質秋袷/高浜虚子

俳句例:21句目~

文目濃く母の老いゆく春の暮/裕

浄く老いむ無風の愛の枯芒/林翔

炉開や左官老い行く鬢の霜/芭蕉

鶯や尼と老いゆく寺男/勝又一透

爐開や細君老いて針仕事/正岡子規

電柱の傍に老いぬ浅蜊売/中沢妙子

雲渉り老いの匂いの菊畑/寺井谷子

蝉の松礎石擡げて老いにけり/林翔

雨蕭々蘭の花老いて黒し/正岡子規

人老いぬ焚火埃を眉につけ/淡路女

父老いぬ厨の隅の蝮酒/下山田禮子

古里や嫂老いて萵苣の薹/高浜虚子

松風に鶯老いぬ天竜寺/大谷碧雲居

梧桐を彫つて少年老い易し/小島健

記すこと老いて少き初日記/中火臣

八月や老いの愛せし白襲/筑紫磐井

男老いて男を愛す葛の花/永田耕衣

漆頭老いゆく盆の月明り/戸川稲村

花魁草剪れば即老いにけり/原月舟

美しく老いたし峡の鰯雲/柴田白陽

俳句例:41句目~

躓くや老いも裾濃の夕霞/橋石和栲

葛切や齢涼しく父は老い/橋本榮治

老い進む三町内の運動会/高澤良一

杳々と人は老い氷に上る/結城静子

颱風の夜も夫熟睡夫老いず/及川貞

顔見せや老い椀久が花衣/松瀬青々

筍の藪や俄に老いて入る/石川桂郎

膝頭老いゆく盆の月明り/戸川稲村

唐芥子酒飲む妾老いんとす/森鴎外

頭巾着て老いぬ夜学の影法師/太祇

老い母の短かの裾や蕨狩/草間時彦

老い母と二人三脚年用意/大澄利江

老いし友一客うれし宗易忌/及川貞

老い住める庭の鶏頭上に向く/篠原

鈴虫や老いて框に坐る母/辻田克巳

観音の眼前椿落ちて老い/佐野美智

老いやすき母を叱りつ石鼎忌/原裕

寄鍋に熱き唇付け老いず/津澤薫楠

鯉老いて黒剥落す山ざくら/森澄雄

寒菊や昔女は老いにける/正岡子規

俳句例:61句目~

鯉老いて雲中にあり雨安居/福島勲

少壮老い易く二日灸かな/高田蝶衣

舟大工老いて霞に傾倒す/木村蕪城

巫の老いもめでたし花しづめ/荷兮

俳諧に老いて好もし蕪汁/高浜虚子

年一ツ老いゆく宵の化粧かな/几菫

老いそめて恋も切なれ秋夕べ/几董

弟も老いて無事なり秋祭/古橋呼狂

彼岸花中の莟を囲み老い/高木晴子

志高きは老いず栗熟るる/関森勝夫

猿茸育て荒樫老いにけり/土屋秀穂

花篝他郷に老いて踊りけり/南一雄

惜春や斯く老いて吾異国に/間崎黎

扁平な巨獣老いたり芝枯るる/林翔

人老いぬ巨燵を本の置處/正岡子規

百円の鶯早く老いにけり/正岡子規

老いてだに嬉し正月小袖かな/信徳

沫を消す内儀老いたり玉子酒/召波

炉開きや左官老い行く鬢の霜/芭蕉

油蝉はげしく老いぬ閏秒/池田澄子

俳句例:81句目~

白鳥の年老いし白雪溢る/和知喜八

春愁や齢を外に夢老いず/吉屋信子

人老いて末子可愛し雛祭/正岡子規

聟取りて夫婦老いけり薬ぐひ/蓼太

白玉の通りて老いし喉仏/大山重幸

海山の神々老いぬ蒲の絮/田中裕明

笑ふ時老いたる顔や白扇/村上鬼城

鶯や欝金の陰に老い初る/正岡子規

鹿老いて鹿苑出でず雪催/山田孝子

竹の花父は影から老ひ始む/森須蘭

紙老いて白毫の如し秋の暮/永田耕衣

老い給ふ母許の道恵方とす/岩内萩女

雨蕭々建蘭の花老いて黒し/正岡子規

雁渡老いて筆絶つ人のこと/藤田湘子

横顔の母老い給ふ彼岸かな/相馬遷子

障子張る戦争未亡人老いて/山本芳江

淋しさを老いての後の月見かな/蝶夢

末弟の我もやや老い金風忌/村松紅花

葛城の神々老いぬ啄木鳥/大峯あきら

紅梅を過ぐ華やぎは老いて後/大串章

タイトルとURLをコピーしました