小紋を使用した俳句

小紋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小紋を含む俳句例

八朔や浅黄小紋の新らしき/野坡

亡き母の紫小紋暮の秋/家久喜美子

庭の面は春の霰の鮫小紋/京極杞陽

虫干や青空かけて梅小紋/平畑静塔

初午や霰小紋のなつかしく/野村喜舟

江戸小紋流す隅田川の鰯雲/中島絵美

池の面に雨の小紋や菱実る/高井北杜

花小紋水に咲かせて寒晒/高瀬寿美江

蚊の名残小紋やまがふ衣桁の袖/濯耳

霰まじる帷子雪は小紋かな/松尾芭蕉

初釜にまがる小袖の梅小紋/今井つる女

土用干し母の形見の鮫小紋/荒田千恵子

抽斗に古りゆく小紋春の雪/岡本差知子

星月夜子の肩に置く江戸小紋/清水良子

染め急ぐ小紋返しや飛ぶ小蝶/井上井月

繭玉の下にひろげし江戸小紋/中橋文子

花冷の匂ふとすれば江戸小紋/保坂リエ

菊の日や母の好みし江戸小紋/高須禎子

蛾の翅の霰小紋がわびしくて/松村蒼石

かきつばた水路に殖ゆる雨小紋/高澤良一

俳句例:21句目~

加賀ぎぬに描く小紋や鉦たたき/吉村君枝

小紋着て逢ひしはむかし夏燕/富田のぶ子

移り香に小紋の梅をなつかしむ/寺田寅彦

はまぐりの名のみの軽み江戸小紋/加藤郁乎

散り敷きて小紋のごとき紅葉かな/中川千代

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました