仮住を使用した俳句

仮住に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仮住を含む俳句例

仮住のなれぬ水仕や春浅き/立子

新涼の脛に日当る仮住ひ/鈴木鷹夫

飾られて仮住も亦雛の宿/稲畑汀子

仮住に金の孵化といふ一事/山田弘子

仮住の二階窓より豆を撒く/島崎五穂

仮住の身に一穂の除夜の燭/木村蕪城

仮住みの書棚に飾る鏡餅/小俣由とり

仮住みの耳を過ぎゆく金売/渡辺恭子

春嵐鍵にくせあり仮住居/佐々木いね

書を跨ぎ跨ぎ仮住み獺祭忌/奈良文夫

竹植ゑて人仮住居す上根岸/正岡子規

里人の松立てくれぬ仮住居/高浜虚子

仮住の自由不自由スイトピー/山田弘子

仮住みもあと四五日や春隣/有保喜久子

仮住みや棗にいつも風吹いて/細見綾子

数へ日や仮住みも又数へ日に/和田祥子

日脚伸ぶ母をいたはる仮住い/中村汀女

竹の春ちちははありて仮住ひ/金子弓湖

輪飾や棲めば棲まるゝ仮住居/吉屋信子

仮住みの淡き交はり紫苑咲く/今井千鶴子

俳句例:21句目~

仮住みの衣を花茣蓙に袖だたみ/池田蝶子

虹あふぎつひに馴染まぬ仮住居/荒川曉浪

仮住みの年の湯ひりひり熱きかな/奈良文夫

仮住みのひと間を雛にゆづりけり/村上喜代子

仮住みの寒波いたらぬところなし/千代田葛彦

タイトルとURLをコピーしました