都心を使用した俳句

都心に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

都心を含む俳句例

碧落の都心へ落葉別れとは/原裕

夏都心佃と申す村ありて/佐藤春夫

旅終る列車都心へ暮の春/山田閏子

更衣夕方かけて都心へと/深川正一郎

梅雨の都心光芒放つ川向う/高澤良一

蘂包む百合流感の都心まで/津田清子

軽鳧の子や都心の波に逆わで/磯直道

都心やや離れ冬日の塀洗ふ/木村蕪城

初鰹都心に出でて日暮れたり/石川桂郎

寒雷の響く都心に餅焦がす/田川飛旅子

岡持が干され都心の夕つつじ/木村蕪城

缶ビール都心の音はみな硬し/吉原文音

都心にも夕月夜あり生活あり/高木晴子

霜柱都心へいそぐものばかり/林十九楼

捨てられし蟹の甲羅に都心の霜/和田悟朗

春雪つややか都心に残る煉瓦街/北野民夫

近松忌都心の河は澄むことなし/北野民夫

鳥のように青年が発ち寒い都心/寺井谷子

夜蝉鳴く都心に残る地のほてり/伊藤まさ子

睡りて着く駅ここは何處梅雨都心/高澤良一

俳句例:21句目~

芥ひそかに都心へのぼる夜の岸壁/湊楊一郎

都心にて巌石売る店降り出す雪/田川飛旅子

曼珠沙華都心の崖のけだるさよ/鍵和田ゆう子

海亀と頭突く子/都心のガラス黙り/伊丹啓子

都心に咲き生者の色のまんじゅしゃげ/伊丹公子

水爆止めよ被爆の船を都心煙霧の端に置く/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました