家郷を使用した俳句

家郷に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

家郷を含む俳句例

二十年家郷を出でず花茨/石井露月

栄転の家郷に仰ぐ春の月/佐藤英子

沢蟹に白頭映す家郷かな/金子兜太

萍の影濃き水の家郷かな/上野草子

手毬唄父の家郷と思はばや/藤木倶子

家郷の夕餉始まりをらむ夕桜/大串章

寄鍋や家郷に遠き人ばかり/大橋敦子

昼顔や老い美しき家郷の人/巌谷小波

月光のしみる家郷の冬の霧/飯田蛇笏

母の顔春蘭に重ね家郷恋ふ/原田孵子

灯取虫家郷に遠く父母あり/岸風三楼

切干や家郷捨てたるにはあらず/小島健

合掌の家霊冴えをり家郷捨つ/石原八束

地靄して阿蘇の家郷は田打時/斉藤亀夫

夏空に記憶の一樹家郷を去る/大井雅人

柚子味噌や家郷に遠き雇人/八牧美喜子

屋根石の濡れて家郷の虹太し/冨田みのる

家郷いつも誰かが病めり干菜汁/関戸靖子

家郷青し低き山にも視野絶たれ/津田清子

家郷いま山車練る頃ぞ男児生る/奈良文夫

俳句例:21句目~

捨てしにはあらぬ家郷や雁渡し/平賀扶人

妻とあればいづこも家郷梅雨青し/山口誓子

家郷なり端山に白ナプキンの富士/奈良文夫

家郷末枯れ旅人として山見をり/小松崎爽青

あたらしき秋の家郷を水過ぐる/宇多喜代子

かまど猫家郷いよいよ去りがたし/鈴木渥志

父の忌の早稲の刈りある家郷かな/鈴木穀雨

盆のもの家郷に送り拘引かれ来ぬ/岸風三楼

稲架組めば家郷に似たり一つ星/鍵和田釉子

花梨老樹に赤児抱きつく家郷かな/金子兜太

夜光虫燃えゐて家郷まぎれなし/富田みのる

かりん老樹に赤児抱きつく家郷かな/金子兜太

行く年の追へばひろがる家郷の灯/福田甲子雄

うかうかと木の実踏んづけ親しき家郷/山岡敬典

夏めくこゝろあり水平なれば家郷のごとし/中塚一碧樓

伐られたる梢に滲むわが家郷ひとつのことば枝に置かれゐし/前川佐重郎

タイトルとURLをコピーしました