人(の)世を使用した俳句

人(の)世に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

人(の)世を含む俳句例

人の世は命つぶてや山桜/森澄雄

人の世へ覚めて朝の葱刻む/鷹女

雪の道足跡人の世は激し/上野泰

葛の花人の世憎み人を愛し/本井英

雪解川大きく曲る人の世へ/松本旭

母子草山々人の世を離れ/飯田龍太

人の世やのどかなる日の寺林/其角

人の世や山は山とて蛭が降る/一茶

桐一葉表か裏か人の世も/土谷ミサヲ

草原のこゝも人の世閑古鳥/河野扶美

春浅し人の世生きる塩加減/松田都青

盆唄の流れ人の世生死あり/小林康治

人の世は御縁疎遠や花の冷/藤本純子

人の世は跫音ばかり韮の花/中村苑子

人の世へ橋渡りくる蛍かな/三上程子

蝸牛や人の世いくること難し/岸風三楼

もり塩に人の世灯る多喜二の忌/佃藤尾

鳥帰る人の世は靴すり減らし/清水径子

雲海を鳥瞰人の世その下に/関口ふさの

人の世はかそけし暗し十二月/石原八束

俳句例:21句目~

人の世も斯く美しと虹の立つ/高浜虚子

人の世をしぐれてやれし旅の笠/中勘助

人の世を故郷とせむ楸邨忌/小檜山繁子

人の世を泳ぎそこねて麦こがし/淵脇護

人の世を烟りて退る銀河かな/仙田洋子

傷つけてならぬ人の世名残雪/松尾緑富

桐の花人の世よりも高く咲き/河野南畦

牡丹雪美し人の世はおそろし/森田愛子

蜀葵人の世を過ぎしごとく過ぐ/森澄雄

人の世と月下美人の夜を重ね/粟津松彩子

人の世を指す手は見えず甘茶仏/高橋悦男

坑外を人の世と言ひ銀河見る/戸沢寒子房

人の世をへだつ風除したりけり/富安風生

人の世をはずれて紅葉憂いおり/原田孝子

寒灯より紐下がりいる人の世や/寺井谷子

人の世をやさしと思ふ花菜漬/後藤比奈夫

人の世やけぶり立てをる十夜栗/石田勝彦

馬の瞳に人の世枯れてゆきにけり/大串章

雨安居の人の世へだつ白障子/塩谷はつ枝

人の世を河豚の眼玉のにらみけり/寺田寅彦

俳句例:41句目~

海鼠噛む人の世をやや遠ざけて/鷲谷七菜子

人の世を少しはずれる曼珠沙華/岸本マチ子

夜の蝉人の世どこかくひちがふ/成瀬櫻桃子

蟻の道つづき人の世飢えてけり/赤城さかえ

雪の日のはるかな想い人の世か/赤城さかえ

人の世は淋しからむと雪降らす/片山由美子

人の世がたまらなく好きおでん酒/西村無二坊

水草生ふそこならば人の世視えむ/河原枇杷男

人の世淋しや月一つまつたく高く/栗林一石路

のうぜんの落ちて人の世焦げくさき/今村妙子「未来図合同句集」

タイトルとURLをコピーしました