夜遊びを使用した俳句

夜遊びに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夜遊びを含む俳句例

夜遊びの神が長息瓜畑/ふけとしこ

夜遊びや二人が心月一ッ/松岡青蘿

風船虫今も夜遊びすたれずに/加藤功

米櫃をでて穀象の夜遊びす/中山純子

星合や牧柵抜けて夜遊びへ/太田土男

夏風邪や青松白砂夜遊びて/尾崎迷堂

夜遊びへ猫の出でゆく朧月/太田土男

夜遊びの果てを自在に油虫/森田智子

しつらへし夜遊の桟敷紅葉狩/高濱年尾

夜遊びをせよと白粉花が言ふ/山尾玉藻

木戸抜けて杜氏夜遊びの頬冠/菅沼義忠

椎の香や夜遊びめける句座戻り/岡本眸

瓢箪の夜遊び覚えはじめけり/山尾玉藻

神農の虎夜遊びをしてをりぬ/吉年虹二

青葉木菟村に夜遊び廃れずに/大野林火

夜遊びに来し大年の亡き子かな/石寒太

夜遊びの早めに戻る咳ばらひ/小原紫光

夜遊びの記憶に星の流れけり/神田綾美

をちこちの鹿の夜遊び万燈会/三島富久恵

休漁の漁夫の夜遊び月が追ふ/猿橋統流子

俳句例:21句目~

古座人の夜遊びと云ふ火振かな/平松三平

夜遊びといふものありき十三夜/青木重行

夜遊びの老婆に泛び被爆の橋/鈴木六林男

夜遊びの靴べら反らし櫻桃忌/本庄登志彦

夜遊びの安房は月さへ潮ぐもり/鈴木鷹夫

祭すみあとは荒磯の夜遊び神/加倉井秋を

夜遊びのうつつに浮ぶ出水川/吉本伊智朗

花僧花僧つたえて良夜遊びかな/阿部完市

夜遊びに出るを憐れと芥子の花/森田智子

瓢箪が夜あそび覚えはじめけり/山尾玉藻

徘徊の母と夜あそび虫を聞く/千田とも子

わが家霊夜遊びつづく脚伸びて/鈴木六林男

夜遊びに出てゐるらしき瓜の馬/小泉八重子

浴衣着に夜遊びぐせを覚ますかな/小原紫光

木つつきの夜遊びがてら渡りけり/内藤丈草

夜遊びの座に持ち込みし蝮酒/吉田汀史「一切」

タイトルとURLをコピーしました