供物を使用した俳句

供物に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

供物を含む俳句例

雨の月雨戸の中の供物かな/篠原

供物なる筍太し飛瀧神/下村ひろし

岩に置く山への供物山始/福山峰花

秩父夜祭供物の繭の大袋/飯島晴子

鍬初や雪の上なる供物/小野甲子園

お供物に隠れて盆の地蔵尊/村手圭子

お供物に電気の球も地蔵盆/茨木和生

人堰いて祭の供物始まれり/野村泊月

初庚申祠に供物なお絶えず/宇咲冬男

盆舟の供物こぼして運ばるる/平岩静

神苑の供物をあさる冬の鹿/磯野充伯

祭壇や供物のなかの走り薯/河野静雲

紙を敷いて墓石へ供物夏の露/菅裸馬

道餐の供物にかゝる埃哉/飯島百合女

お供物に群れたる秋の蠅鈍し/正岡子規

内陣の供物はなやぐ聖霊会/岡本まち子

月に酔ひ月の供物を盗みけり/福田蓼汀

無縁樣の供物すつれば鴉鳴く/正岡子規

田植祭のあまりの供物教卓に/木村蕪城

盆供物腐りて紙にへばりつく/辻田克巳

俳句例:21句目~

黍吊るし神楽の供物揃ひけり/枡野雅憲

お十夜の供物の甘藷にくる鼠/小原菁々子

七夕のみな冷え冷えと供物かな/飯田蛇笏

夜店からも上ぐる供物や十夜寺/高田蝶衣

木に石に供物のありぬ父子草/小沢比呂子

神の留守猿が供物を盗りにくる/山崎秀夫

更けてゆく供物に月のなかりけり/岡本昼虹

爆ぜさうな西瓜が供物不動堂/鍵和田ゆう子

墓の辺にカラスほがらと呼び合いて空へ供物を滴らせゆく/まえだたみこ

タイトルとURLをコピーしました