年金を使用した俳句

年金に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

年金を含む俳句例

目減りする年金雀蛤に/高澤良一

恒例の初旅年金取り崩し/高澤良一

初鰹を姑が奢れり年金日/菅野イチ子

年金の出る齢となり鳩麦茶/高澤良一

年金の手続き終へて八月尽/沢辺幸一

年金の暮しに馴れて春支度/中村清治

年金の暮らしに似合ふ年用意/中村功

年金の楽しさすこし着衣始/小原つる

扇子より団扇年金暮しなる/高澤良一

湯豆腐や年金少し使ひすぎ/高杉至風

葛湯溶き年金ぐらし長丁場/高澤良一

蘭を買ひ年金生活始まれり/土井朝子

連翹も微苦笑年金にも課税/高澤良一

年金にて妻のやりくり冬珊瑚/高澤良一

年金に寧んじ子を守る茶摘季/関森勝夫

年金の本など読んで目借り時/高澤良一

年金の本読みゐたり春立つ日/高澤良一

日脚伸ぶ年金少し上りけり/北見さとる

母子年金受く日日草の中を来て/紀芳子

金など飼うて年金暮らしの身/高澤良一

俳句例:21句目~

鳥雲に年金のこと生活のこと/高澤良一

つつましき年金暮らし今朝の虹/松尾墨丈

年金にて総てまかなふ中の越年/高澤良一

年金受給日手足折られるたらば蟹/金子潤

あらたまの年金婚の父母のとし/百合山羽公

いよよ年金冷し中華の辛子効く/奈良比佐子

タイトルとURLをコピーしました