若い衆を使用した俳句

若い衆に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

若い衆を含む俳句例

年忘昔念者と若衆かな/青峨

抽てむめ勝けりな寺若衆/炭太祇

残せ花若葉若後家若衆また/露言

下戸若衆柳に花もなかりけり/調鶴

梅柳さぞ若衆かな女かな/松尾芭蕉

若衆が上げる鉄下駄雪柳/川崎展宏

藤切や祭若衆のけもの声/大坪景章

鉢まきをとれば若衆ぞ大根引/野坡

剃こかす若衆のものや年のくれ/太祇

小若衆に念者きはまる火燵かな/李由

年わすれ昔念者と若衆かな/五車反古

矢数射ル若衆に望なかりけり/言/水

芍薬は少しすねたる若衆哉/正岡子規

若衆に水吹かせたる螢かな/会津八一

若衆の激ちて匂ふ花神楽/伊丹さち子

蝶々や下山の若衆たゞ一人/正岡子規

やうやうに納豆くさし寺若衆/正岡子規

よく遊べ月下出てゆく若衆猫/西東三鬼

梅やなぎさぞ若衆かな女かな/松尾芭蕉

沢庵の若衆せゝりや雪のふみ/服部嵐雪

俳句例:21句目~

若い衆の草鞋食い込む義士祭/神田道子

ほとゝぎすいかに若衆の声がはり/高井几董

花の顔やとこなつ喝食児若衆/貞徳「山の井」

若衆に戸ぼそ隙けある囲炉裡かな/楠目橙黄子

若衆のゲンゲンバラバラ夜っぴいて/高澤良一

和ラカなるやうにて弱からず水仙は花の若衆たらん/信徳

タイトルとURLをコピーしました