僧坊(僧房)を使用した俳句

僧坊(僧房)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

僧坊(僧房)を含む俳句例

僧房の月の秋明菊の畑/黒田杏子

僧房や大炭斗の年月日/河野静雲

いざや霞諸国一衣の売僧坊/三千風

僧房の二階の障子明るくて/上村占

早蕨や僧坊跡に応といふ/岡井省二

仏法僧僧坊すでに灯影なし/茂木寂光

僧房に菜をきざむ音山笑ふ/角川春樹

僧房に蓮の十句の夜明かな/羅蘇山人

僧房の乏しき糧も茎立てる/水谷晴光

僧房の閑に飽きけり百日紅/松瀬青々

僧房や肘をかたみに垣繕ふ/石川桂郎

僧房を借りて人住む萩の花/正岡子規

椿咲く僧坊を焼きし火の色に/有働亨

僧坊の糺せし下駄や石蕗の花/国井遭子

僧房の寝落つに早し青葉木菟/篠田幸子

僧房の広き窓に梅の影疎なり/正岡子規

僧房の谷間より蝶吹きあがる/柿本多映

枇杷の実の青々として半僧坊/川崎展宏

灯を当てて見る僧坊の藤長き/河野友人

牡丹見る客に僧坊ゆだねあり/皆吉爽雨

俳句例:21句目~

霧の秋僧房めきし温泉に浸る/内藤吐天

僧坊を借りての月日実梅落つ/長谷川素逝

僧房にもの煮る匂ひ雪暮るる/鷲谷七菜子

夏うぐひす両子寺僧坊礎石のみ/武藤星玲

僧坊の干菜に羽子のあがりけり/米沢吾亦紅

僧房にくるしきこひをのみくだす/藤木清子

タイトルとURLをコピーしました