口許/口元を使用した俳句

口許/口元に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

口許/口元を含む俳句例

子地蔵の赤き口元別れ霜/竹澤茂子

老いらくの口もと寒し御仏名/去来

老楽の口もと寒し御仏名/向井去来

口許に目許に春の風邪心地/稲畑汀子

寒紅の口許生きて来し会話/稲畑汀子

山梨を噛めば口許風つどふ/細谷鳩舎

爺さまの口許に似て隼人瓜/高澤良一

鮟鱇の強つくばりの口許よ/高澤良一

ぴらぴらと蟹の口許南風吹く/高澤良一

ふとゆるむ口もと隠す春日傘/谷口桂子

乳さがす吾子の口もと水仙花/神山妙子

口元に熱さ残しておでん喰ふ/中里余志

口元の母に似てきし晦日蕎麦/岩切恭子

口許の隠るるおかめ熊手かな/行方克己

涼しさをいふ口許の黒子かな/野中亮介

聞かれたくなき口許に秋扇/稲畑廣太郎

うつむける口もと若し盆の僧/深見けん二

月見してものつぶやける口元よ/松瀬青々

歯なきその口もと見まじ神楽歌/高田蝶衣

口許が割れて洩れだす夜のタンゴ/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました