神鶏を使用した俳句

神鶏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神鶏を含む俳句例

柊の花に何喰む神の鶏/久米正雄

初詣神鶏凜と歩みをり/大海みつ子

初霜や片脚立ちに神の鶏/鈴木花重

畏くも神の鶏の換羽して/大石悦子

神鶏や金木犀を止り木に/羽部洞然

羽抜鶏神鶏の威を失はず/橋本白木

花鳥に数へて神の鶏も/佐々木六戈

隼の仕業神鶏減りたるは/吉岡葉子

雪晴れの長鳴鶏は神の鶏/晝間槐秋

神の鶏つきて歩めり七五三/和田祥子

神鶏の乗りて大金木犀咲く/石原八束

神鶏の右往左往や七五三/甲斐すず江

神鶏の蹴爪がみごと七五三/茨木和生

色変へぬ松や神鶏放たれて/坂元幸子

行秋や神鶏遊ぶ伊勢の宮/上月大八郎

かしこみて神鶏あゆむ淑気かな/曽野綾

初伊勢や神鶏のとき樹上より/植村章子

初東風や神鶏の鳴く布留の里/岡本明美

神鶏のなかに軍鶏居て新松子/岩崎恒子

神鶏のよく鳴いてゐる梅の宮/中家桂子

俳句例:21句目~

神鶏の畑へくり出す神の留守/田中俊尾

神鶏の砂浴びてゐる花の昼/吉田ひろし

神鶏の茅の輪をくぐる親子連/杉山青風

福藁を厚く神鶏飼はれをり/堀之内和子

初東風に毛をふくらます神の鶏/辻田克巳

神鶏の人を怖れずひこばゆる/渡辺ユキ子

梅雨やまず神鶏つれて退けの衛士/亀井糸游

タイトルとURLをコピーしました