父子を使用した俳句

父子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

父子を含む俳句例

雪代や父子の絆浅からず/長田等

あら尊これ月の父花の母/正岡子規

空ふかく草の青汁墓参父子/上村占

合戦の父子相討つ凧日和/上野泰子

連凧を仰げる眉間父子かな/石寒太

色鉛筆削りそろへて夜長父子/林翔

病んで父を思ふ心や魂祭/正岡子規

山中に古き炭屑世阿弥父子/上村占

初日記父子念願を一にせり/林原耒井

初燕父子に友の来てゐる日/加藤楸邨

父子の情冬の月光巌に跳ね/飯田龍太

田に父子の影落しゆく初詣/大谷利彦

父子墓立てて母との根深汁/与田雅彦

真田父子蟄居の里や蕨干す/小山紫水

なき父に似た聲もあり鉢叩/正岡子規

秋風や磊塊として父子の情/飯田蛇笏

父子ゐて巣組鴉の遠まはり/堀口星眠

耳朶透かし父子でつくる氷橋/源鬼彦

杣父子山に火を焚く小昼時/飯田蛇笏

花柊父子にひとり言が増え/宮津昭彦

俳句例:21句目~

一本の風樹/父子のにぎり飯/穴井太

倦怠を背負ふ父子の潮干狩/仙田洋子

葡萄箱釘の早打ち父子して/三好潤子

麦を踏む父子嘆を異にせり/加藤楸邨

岩あれば冬濤百態父子睦ぶ/香西照雄

静かさも父子にちかし花杏/加藤楸邨

麦を播く父子に杜は日を支ふ/及川貞

共に稼ぐ父子の帽灯相照らす/谷口清期

かの日父子今秋嶺にひとり我/福田蓼汀

鯨つく漁父ともならで坊主哉/正岡子規

すみれ植う父子や髪をふれ合はし/綾子

鯊釣りの父子のうしろ姿似る/中村純代

父子泳ぐ雲と真向ふさびしさは/上村占

青柿や父子相逢へば国憂ふ/赤城さかえ

粟の穗のこゝを叩くな父の墓/正岡子規

父子風邪兎のたつる音に臥す/古沢太穂

霧をゆき父子同紺の登山帽/能村登四郎

牡蠣の父子てらてら神楽囃し/阿部完市

大昼寝父子よく似る土踏まず/影島智子

冬の夜の夢相遇ふて父子若し/松村蒼石

俳句例:41句目~

父子して膝抱いてゐる年の家/岡本高明

父子で舞ふ獅子の前足後ろ足/高間礼子

凧揚の父子に波の迫りけり/岡本まち子

卸したる雪へ雪降る父子の旅/藤田湘子

声まがふ茶の間の父子春の宵/亀井糸游

夏のれん父子の楽屋向ひ合ひ/高木石子

銭湯に連れ立つ父子星月夜/細井新三郎

夏炉燃え草踏む音は父子山羊/友岡子郷

迎火や父に似た子の頬の明り/正岡子規

降る雪が父子に言を齎らしぬ/加藤楸邨

夾竹桃自転車押してゆく父子/森山節子

父子揃ひまづ家元へ御年始に/佐野ヽ石

寒く淡し父子の夕影重ねても/香西照雄

寒風呂に上機嫌なる父子かな/飯田蛇笏

崖下や雪うすうすと父子の情/橋石和栲

思ほへば吹雪に暮るゝ父子墓/高橋睦郎

荒川に凧を揚げたる父子二代/斉藤夏風

父子寒く湖の昼と夜とびちがふ/松澤昭

手袋のままに握手をして父子/村瀬/晋

碧落や父子距たれば揚ひばり/和田悟朗

俳句例:61句目~

望のあしたよりの父子の百廿日/上村占

杜夫のまうけ少なきたつき哉/正岡子規

父子獅子直立をもて舞ひ終はる/河野真

バスを待ち旅の父子の雪まろげ/太田土男

ラムネ玉ころりと父子旅了る/能村登四郎

冬海あり約束無邪気な父子にて/金子皆子

我等父子雷鳥親仔と尾根に逢ふ/福田蓼汀

春昼の風呂ぞ父子の肌触れしめ/石川桂郎

無口なる父子が並びて西瓜喰む/古川淳子

煤逃げの父子の声や氷川丸/阿久津渓音子

牛鍋は湯気立て父子いさかへる/湯浅藤袴

端居せる父子のさだめの相対ふ/木村蕪城

田植の果父子唾液のように睡る/河合凱夫

父子二人裸となりて嘘もなし/細木芒角星

破魔矢もつ父子の影を浜に曳き/宮下翠舟

稻刈るは父こぐは母這ふは子よ/正岡子規

立冬の真顔にて父子すれちがう/脇りつ子

簗かけずやがて立去りぬ蓑父子/西山泊雲

背泳ぎの顔浮かせ合ひ父子なり/奈良文夫

銭湯へ父子がつれだち日脚のぶ/石橋秀野

俳句例:81句目~

父子泳ぎアムール川の端笑ふ/加藤知世子

隙間風せんなし火鉢守る父子/小原菁々子

雨がちに端午ちかづく父子かな/石田波郷

赤き大地の父子の時間天の川/九鬼あきゑ

風呂鏡凍てて相似の父子余さず/河野南畦

をだまきの紺の深さの父子の情/末増省吾

雪しまくところ迢空父子の墓/加藤三七子

父子ならん対の毛衣歯朶を負ふ/大野せいあ

父子掛けて冬海見おろす日の切株/古沢太穂

菖蒲の日父子のごとくに舟を寄せ/友岡子郷

かしこまる父子おかしさに初笑ひ/木村ふで

夕ながき湖畔日焼けし父子の顔/石橋辰之助

遠いプールの飛沫父子の尖塔聳ち/川崎三郎

野の父子膝濡らし行く皐月かな/徳田千鶴子

父子連ればかり目に入る薄暑かな/谷口桂子

秋かやの父子に日の出の栄満ち来/金子兜太

凧上げの声はづませて父子なる/土屋みね子

零余子摘み来てゐる迢空父子の墓/三谷道子

焚火してほのあたたかし父子たり/中山純子

風邪寝の妻十日を経れば父子汚る/古沢太穂

タイトルとURLをコピーしました