わらべを使用した俳句

わらべに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

わらべを含む俳句例

北国の正月を待つわらべ唄/今村青

女わらべの袖比べけり節小袖/魯白

扇取るわらべ可愛し謠初/正岡子規

喃わらべ蜆はいくら蛤は/正岡子規

春待つや厨の妻のわらべ唄/今泉貞鳳

月十四日今宵三十九の童部/松尾芭蕉

京わらべ三尺帯に扇子かな/石橋秀野

傾城のわらべがましき手鞠かな/万容

冬の靄口を離れぬわらべ唄/山田一男

梅寒の瀬音を奪ふわらべ声/河野南畦

紙砧子守わらべの立つ戸より/及川貞

良寛忌湯舟で歌ふわらべ唄/宮島糸子

わらべ七人山椒の水あふれ/若森京子

尿せしわらべを叱る霜夜哉/正岡子規

年玉を宿のわらべに老遍路/壺井久子

七夕や昔むかしのわらべ歌/野村きく

たんぽゝや紅腿引の里わらべ/久米正雄

わらべ唄地蔵にひびき明けの春/堤久子

猫柳傘あゆむかにわらべ来る/山田文男

わらべ達皮は味ないぞ真桑瓜/上島鬼貫

俳句例:21句目~

岩室涼し石を重ねてわらべ墓/河野南畦

百両の萬年青引ぬくわらべ哉/正岡子規

わらべらに天かがやきて花祭/飯田蛇笏

石どれもわらべ顔して水温む/工藤義夫

紅梅の散るやわらべの帋つゝみ/炭太祇

わらべうた京大阪は花ざかり/大石悦子

新月に牧笛をふくわらべかな/飯田蛇笏

衣食足りわらべ唄消え雁の秋/藤田湘子

灌仏やはだかわらべの晴れ心/正岡子規

張子の御影女わらべや御忌に逢ふ/昌夏

気の長きわらべが祭牛を御す/沢村越石

鯰獲てわらべが濡らす春の蕗/大島民郎

ままごとのわらべのしたる懐手/飴山實

わらべ唄かなで精霊流しかな/佐川広治

日輪のわらべとなりて野に遊ぶ/高橋範子

牛飼のわらべがかざす紅葉かな/村上鬼城

丸顔の祇園囃子の京わらべ/長谷川浪々子

けんぽ梨狸をさそふわらべ唄/加藤知世子

十三詣美しきめわらべ我になし/寺井谷子

菱採りのわらべ手掻きの盥舟/下村ひろし

俳句例:41句目~

よく聞こゆ芋煮あそびのわらべ唄/下田稔

霜きびし山のわらべの喇叭鳴る/飯田蛇笏

花吹雪駈けゆくわらべ立つわらべ/及川貞

かげろひて通る信濃のわらべ唄/長谷川双

磯わらべ青海苔きざみ遊ぶなり/岡本松浜

無花果やわらべ心に剥かぬまま/乗本真澄

わらべらも添へて門火の麦藁火/木津柳芽

きりもなく椿落つるよわらべ唄/櫛原希伊子

この路地の柿鈴なりにわらべ歌/古賀まり子

ふるさとは風に吹かるるわらべ唄/伊藤信吉

わらべうた路地よりきこえ宵天神/宮下翠舟

わらべらの花野にわれも入りゆけり/岸田稚

千燈明をともすわらべの露の秋/吉岡禅寺洞

天高し/継ぐべきものにわらべ歌/中田敏樹

林檎咲く野しろいしろいわらべ唄/豊田都峰

良寛忌わらべとなりし母なりき/青木つね子

日照草爆死わらべの碑のほとり/下村ひろし

三日月は星のわらべのすべり台/山崎ふじ子

花野ゆき行きて老いにしわらべかな/森澄雄

女わらべのことに執念もぐら打/岡入万寿子

俳句例:61句目~

著莪咲けばわらべに戻り手まり唄/清水千恵

虎杖さげしわらべ早し木がくれす/喜谷六花

梅に酌む唄は軍歌や二度わらべ/山口いさを

炎天につよく生まれて甲斐わらべ/筑紫磐井

かまくらや今日は嬶座のわらべたち/堤京子

くさめくさめ平氏をはやす京わらべ/筑紫磐井

わらべらに堂塔高き甘茶かな/五十崎古郷句集

わらべ水蜜桃をすするうなじを伸べ/喜谷六花

茸狩りのわらべこだまに憑かれけり/西島麦南

わらべらに寝ねどき過ぎぬクリスマス/山口誓子

露の玉つまんで見たるわらべ哉/一茶/文政二年己卯

タイトルとURLをコピーしました