光芒を使用した俳句

光芒に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

光芒を含む俳句例

一点の露の光芒拡大す/中村汀女

月よりも雲に光芒十三夜/井沢正江

栃茂り光芒あをき奥の滝/岡田貞峰

楢桂滝の光芒みなぎりつ/渡邊水巴

稲の穂の寂光芒より淋し/中西碧秋

日輪の光芒曼珠沙華の蕋/石井とし夫

梅雨の都心光芒放つ川向う/高澤良一

歳旦の光芒を統べ神の犬/長谷川秋子

老い泯びゆく白髪の光芒や/飯田孤石

裏富士の星の光芒鳴く夜鷹/神田岩魚

雀とぶそれも光芒日向ぼこ/皆吉爽雨

人麻呂の光芒の瀬か天の河/折野美恵子

光芒やわれにはためく袴なし/古舘曹人

凍つる夜の光芒天を駆け会す/岸風三樓

初景色光芒すでに野にあふれ/井沢正江

除雪車の光芒闇を開き来る/金箱戈止夫

光芒の葉ばなれと見し夕蜻蛉/鳥居おさむ

寒き光芒吾に見えざる海照らす/山口誓子

機影捉へし光芒月光よりしろし/原田種茅

舞ふ鶴の光芒を師の言葉とす/沼尻巳津子

俳句例:21句目~

ナイターの光芒大河へだてけり/水原秋櫻子

向日葵の光芒の裡に明け暮るる/相生垣瓜人

探照燈の光芒下むきに地の枯草/長谷川素逝

雷颪す光芒とんで野川かな/飛鳥田れい無公

釣瓶落しといへど光芒しづかなり/水原秋櫻子

かの光芒放つ天狼星は失せざらん人は何かをやりかけて終る/浜田蝶二郎

タイトルとURLをコピーしました