戦車を使用した俳句

戦車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

戦車を含む俳句例

溜池に茨の芽捧げ戦車行/齋藤玄

蠅生れ戦車軍艦復た還る/石塚友二

戦車ゆく遠き響が朝顔に/文挟夫佐恵

戦車去り雪ふり古き幾山河/片山桃史

日食の車前草乾き戦車過ぐ/宮武寒々

春灯に戦車のお尻が揺れる/三浦北曲

冬河の辺にて戦車を童ら囲む/伊東宏晃

夾竹桃戦車は青き油こぼす/中村草田男

戦車も出て枯原の昼休です/栗林一石路

戦車工病み大陸に戦車めぐる/細谷源二

開発とは戦車の下の犬ふぐり/熊谷静石

プラハの街に戦車聳ゆる秋の風/相馬遷子

プラモデル戦車の後は個人主義/田中信克

冬薔薇白い戦車がやってくる/伊地知建一

向日葵に戦車がふれてゆくところ/小林舜

戦車が行つた後の刈田の一輪車/細井美人

戦車ゆき雑草の花あらずなりぬ/加藤楸邨

戦車工場春霖に雀二羽見しのみ/古沢太穂

蓋開けしままに凍える戦車かな/二村典子

野を縦に戦車が行けり夢始め/田川飛旅子

俳句例:21句目~

嘉手納基地戦車を撮れと女が云う/藤後左右

戦車帽と學帽と吾子むきあいぬ/栗林一石路

戦車来ぬ玻璃を二月の街をゆすり/岸風三楼

花野とは戦車が攻めて来るところ/矢代克康

鉄工所巨き扉をあけぬ戦車見ゆる/細谷源二

戦車ゆきがりがりと地を掻きすすむ/三橋敏雄

タイトルとURLをコピーしました