女神を使用した俳句

女神に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

女神を含む俳句例

女神の裸体の像や冬籠/正岡子規

三五人女神をめぐる春夕/佐藤春夫

祭神は女神なりけり潮祭/池田千秋

稜線も襞も女神や初浅間/西本一都

初弁天女神の鈴は水の中/野竹雨城

灯台を女神と仰ぐ葉月潮/西野敦子

噴水の女神を汚し鳩の糞/山本歩禅

花野来て宗像女神三姉妹/小坂順子

あたたかや一番星に女神の名/山口速

この邑の鎮守女神に桃の花/大熊輝一

海の女神生誕の日の春手套/有馬朗人

石鹸玉女神の毬のごと弾み/福田蓼汀

女神川岩栖む香に山を縫ふ/橋本鶏二

秋晴や女神を守る楠二本/大峯あきら

紫陽花や女神穴居す逆立ちす/竹中宏

三柱の女神の島の五月かな/深瀬達郎

五月孕女神の子を産む凍筵/関森勝夫

何思ふ自由の女神月を指し/赤尾恵以

纏ふもの森林浴に女神立つ/平畑静塔

美き女神右より廻れ月の森/赤尾兜子

俳句例:21句目~

帆船の女神かがよふ聖五月/南方惇子

悪の神にぬかづく女神初神楽/上野泰

春灯女神の背筋なまめける/佐藤春夫

女神からかも参道の落し文/石崎素秋

梅二月女神の山に深入りす/加藤燕雨

喜雨一刻女神の像の乳ぬらす/有馬朗人

昼寝よりさめて女神の像洗ふ/有馬朗人

舞ふ鈿女神楽太鼓を狂はせて/羽田岳水

毛虫焼く女神を斎く島に住み/八染藍子

パリ暮春朝の女神の空濡れし/石原舟月

女神とて恋は闇路や御神渡り/太田英友

高く立たす女神の腹や風光る/佐藤春夫

夏の雲女神は海に出て呼べる/石原舟月

夏蝶や女神の首はつとになし/古舘曹人

大葉子を女神の滝は隠し打つ/攝津幸彦

御旅路も女神まじれば賑しき/高田蝶衣

女神仏に春剥落のつづきをり/細見綾子

砂漠越ゆ女神たのみの春飛行/松村多美

微風に薔薇の女神の花ひらく/深谷雄大

寝積むや窓にちりちり女神星/峰尾北兎

俳句例:41句目~

噴水の群像統べて女神かな/中田みづほ

草の実や男神と女神ひとつ石/前山松花

薄氷を路地裏で待つ女神かな/攝津幸彦

行く春や女神は老いず二千年/佐藤春夫

見下しつ仰ぎつ春の女神かな/佐藤春夫

焚火から焚火へ移る火の女神/春日愚良子

背を押すは人か女神か除夜詣/小泉八重子

神話女神の白肌にして春かもめ/対馬康子

女神彫る氷塵の綺羅身に浴びつ/川島千枝

ふりむけば女神湖白し金鳳華/大森三保子

コンコルド女神老けにし春の雨/横光利一

女神岳晴れ夫神岳に雲や信濃柿/藤江/昭

女神湖の神秘の色や若葉風/こうのしづこ

小国平は春の女神のたなごころ/齊藤美規

足裏のとげぬく女神ヒヤシンス/有馬朗人

薔薇園の女神を濡らし雨降れり/茨木和生

ヒヤシンス女神も嫉妬深きかな/荻原都美子

紫陽花変化ペレの女神の想ひとも/河野南畦

川の家に睡っているのは女神と赤子/伊丹公子

さくら咲きオムレツ好きの女神かな/四ッ谷龍

俳句例:61句目~

礁荒れて女神の使者というはまち/吉田透思朗

月の女神来て一株蒼き薔薇ひらく/文挟夫佐恵

火山の女神歩いてきそうな日暮の紗/伊丹公子

遠い暴動じゅんさい好きの女神かな/四ツ谷龍

男神女神ふくろの中の山羊の仔ら/野間口千佳

コスモスや馬と契りし女神いとし/小木曾あや子

笑って笑ってマフラー好きの女神かな/四ッ谷龍

タイトルとURLをコピーしました