一足を使用した俳句

一足に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一足を含む俳句例

白雨に一足はやし旅籠町/此筋

出流山一足早く水の秋/高澤良一

慈悲心鳥靴一足の籠堂/矢田幾久

白鷺の一足二足水の秋/川崎展宏

一足に踏みつぶされぬ蟇/正岡子規

栄螺採る一足毎の月光下/中西舗土

獰猛の一足早く角伐らる/磯野充伯

秋や今朝一足に知るのごひ縁/重頼

薄氷や鴉一足跳ねて翔つ/宮坂静生

一足の石の高きに登りけり/高浜虚子

夏山や一足づゝに海見ゆる/小林一茶

朧月一足づゝもわかれかな/向井去来

水鳥人は一足づつ歩む/竹下しづの女

芒赤う秋が一足さきに来ぬ/高澤良一

野の茶屋に草鞋一足春の風/羅蘇山人

雨降つて一足飛びに秋口ヘ/近藤一鴻

夜廻りの一足づつに雪哭くよ/村越化石

富浦の一足はやきハウス枇杷/高澤良一

日向の椿一足飛びに中年に/磯貝碧蹄館

竝松や一足つゝにふしの形り/正岡子規

俳句例:21句目~

杏は桃に一足先にと云うて散る/高澤良一

秋風や吹くだけ吹いて下駄一足/永田耕衣

衢から一足くゞる茅の輪かな/東洋城千句

車窓に見る麦踏のうごき一足を/宮津昭彦

誰の銀座だこの一足の靴で歩く/石橋辰之助

一足ごとに月見草の土手道となる/川島彷徨子

あくがれて行く道ならず信ぜむは一足ごとの己が踏み跡/来嶋靖生

タイトルとURLをコピーしました